生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 袋麺を、少しだけ美味しい感じに作る方法

袋麺を、少しだけ美味しい感じに作る方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

カップにお湯を注ぐだけのインスタントではなく、鍋で煮る袋ラーメンなど出のチョイ工夫です。

普通のやり方は?

  • お鍋に湯を沸かす。
  • 乾麵を入れる。
  • 煮ながらスープを入れる。
  • 椀に移して頂く。

そこで一工夫。

  • お鍋に大量の湯を沸かすか、別途お椀に入れた水を電子レンジ等で沸かす。
電子レンジで沸かした時は、椀も湯気も熱いのでご注意
  • お椀にスープの素を開け、沸かしたお湯の一部で溶いておく。
  • 残った鍋のお湯で乾麵を湯掻く。
  • 湯掻き上がった麺は、網や笊を使いよくお湯を切っておく。
  • 別途用意したスープの入ったお椀に入れていただく。
  • 豚骨系の脂っこいスープなら、数滴お酢を入れると風味が変わります。

どこが一風違うの?

  • 煮たお湯をそのままスープに使うと、煮る時に麺から剥離したものでスープが濁ります。
  • 見た目もですが、味もなんだかぼやけているような気がします。

蕎麦や素麺では?

 残暑が残る秋口は、熱いラーメンより蕎麦や素麺という方もいるかと思います。
 ここでも一工夫できます。

  • 麺を湯がいている時に、ボウルなどに氷水を用意しておく。
  • 湯掻き上がった麺を湯切りして、いったん氷水にさらして麺を引き締める。
  • 氷水から揚げ、再度水切りして盛る。

 硬めにするため湯掻く時間を短くすると芯が残ったりしますが、湯掻いた麺を一旦氷水に浸すことで腰も出ます。
 湯切りして流水で冷やすだけで氷に乗せると、溶け出す前の氷に麺がくっつくことがあります。氷が室温で溶けるまで待つか、少し水をかけるとよいでしょう。
 麺を笊に盛るのであれば、一口分ずつ蜷局巻にしておくと、お箸を使いなれないお子様でも取りやすいですよ。

 山葵を入れる方は、蜷局巻にしておく麺の中に少しの山葵を載せておき丸ごとつまんで露に浸してパクつくと、握り寿司のようにピリ旨です。
 つけ汁に、柚粉や山椒の粉を加えても一味風味を変えられます。

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る