生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. たくさんの英単語を効率的に覚えられる方法

たくさんの英単語を効率的に覚えられる方法

2011年03月01日作成

 views

お気に入り

目次

たくさんの英単語を効率的に覚えられる方法

英単語を覚えるのは、結構苦労しますね。英単語以外にも、「専門用語」などを覚える時にも使える、「効率的な暗記方法」をお教えいたします。是非、実践してみてくださいね。

用意するもの

  • 単語帳
  • 筆記用具

STEP1単語帳を作る

単語帳を作りましょう。覚えたい単語を、単語帳に書き出していきます。単語はカード1枚に一つにしましょう。表には英単語を、裏にはその意味を書きます。

また、裏には、その単語がよく使われる用法や例文を書き出しておくと、セットで覚えられ、効率がよいです。単語一つの意味がなかなか覚えられないというあなたも、文章などで覚えると、思い出しやすくなることでしょう。

STEP2単語帳を使う

できた単語帳をリングに通して、暗記アイテムの出来上がりです。覚えたものをどんどんリングから外していき、覚えられないものがリングに残るようにしましょう。自分の苦手を集中的に攻略できますよ。

時には、外したカードも覚えているか試し、間違ったものがあれば、リングに戻しましょう。これを繰り返せば、苦手な単語を効率的に覚えることができます。

単語帳は小さく、もち歩くのも簡単ですので、通勤・通学途中のバス・電車の中や、バス・電車を待っている待ち時間など、外でも暗記ができます。毎日続けるのも、簡単ですね。

暗記は、反復・継続がとても大事ですので、とにかく何度も繰り返し使いましょう。

暗記のポイント

暗記の効果を更に高める方法をご紹介します。上記の単語帳と同時に行うと、暗記効果が格段にアップしますよ。

口に出す

覚えたいことを口に出しましょう。口に出すと、耳からも音声として入りますので、効率的な暗記ができますよ。

書く

手を動かして暗記しましょう。英単語を書き出しながら覚えていきます。書くという作業は、脳に刺激を与えますので、効率的に暗記することができます。

外であれば、筆記用具を出すのも大変だと思います。そういう時には、指で書くなどでも代用できますよ。とにかく指を動かして、脳に刺激を与えながら暗記しましょう。

イメージする

「apple」という単語を一つとってみても、ただ「りんご」と覚えるのではなく、できるだけ具体的にイメージしながら覚えましょう。

「apple、apple…」と繰り返し唱えながら、できるだけ映像やイラストでイメージします。味や香り、色・艶などの細かい部分まで想像すると、忘れなくなります。

おわりに

英単語以外にも、資格勉強などでの「専門用語」などを覚える際にも、応用できますよ。効率的に覚えて、成績アップやスキルアップを目指しましょう。

Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110301121637

本記事は、2011年03月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る