\ フォローしてね /

ウグイスとメジロを観察する方法

ウグイスとメジロを観察するときのコツを、ご紹介します。

ウグイスとメジロは、ちょうど梅が満開になって、桜が咲き始める頃から観察できます。特に早咲きの品種の桜の時期には、花見と野鳥観察の両方を楽しめるので、身近な山や公園での散歩を楽しみながら観察してみては、いかがでしょうか。

観察の方法

ウグイス

「ホーホケキョ」と鳴きます。ただし、鳴くのはオスです。鳴くのは繁殖期です。なので、オスが鳴いている近くにはメスのいる確率が高いと言うことも。

姿を見つけるコツは、「枝先」です。鳴き声が聞こえたら、聞こえた方角の木の「枝先」を見ます。ウグイスは「ささやぶ」に巣を作って住んでいるので、笹の近くで静かに待っていると、ウグイスが現れてくることもあります。

狙い目は「笹」です。ささやぶに巣があります。

メジロ

メジロは見た目が「緑色で目の周りが白い」のが特徴です。メジロは甘いものが好きで、花の蜜を好むようです。ちょうど、春はヤブツバキの咲く季節にあたり、メジロはヤブツバキの花の蜜を探しています。

ヤブツバキを見かけたら、しばらくじっと待っていると、飛んでくることがあります。そのまま観察していると、メジロがヤブツバキの花粉で、顔を黄色く染めるのがわかります。メジロを見かけたときに、もしも顔が黄色かったら、たいていヤブツバキの花粉です。

狙い目は「ヤブツバキ」です。花の蜜を目当てに飛んできます。

同じ時期の野鳥

ウグイスとメジロを観察できる時期には、他にも「キジバト」「カワセミ」も観察できます。

おすすめスポット:自然観察の森

ウグイスとメジロを確実に観察したい、というひとにオススメのスポットが「牛久自然観察の森」です。入園は無料です。牛久自然観察の森では、野鳥を身近に観察できます。JR常磐線牛久駅東口からバスで15分です。

詳細はこちらをご覧下さい・・・ 牛久自然観察の森

野鳥観察のポイントは、「カワセミの池」がオススメですが、そのまま散策ルートを歩いて「ウグイスの林」に行くことで、ウグイスの鳴き声と出会いやすくなります。

詳細はこちらをご覧下さい・・・観察の森マップ

おわりに

探そうとしなくても、春になると鳴き声を聞いたり、ふと見かけたりすることは、あるものです。

でも、ウグイスとメジロを「見よう」と観察目的で探そうとすると、それなりのポイントを意識したほうが楽です。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。