生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. お風呂でカビの発生を抑える方法

お風呂でカビの発生を抑える方法

2011年03月01日作成

 views

お気に入り

はじめに

お風呂ってしばらく掃除していなかったりするとすぐにカビが生えてしまいますよね。衛生的にもいいとは言えませんからできれば発生を防ぎたいものです。

せっかく体をきれいにする場所なのに、不潔なカビがあるのでは洗う気も失せてしまいます。しかしカビは一度発生するとなかなか取れません。

そこで今回はそんなカビの発生を抑える方法を紹介したいと思います。

カビの発生を抑えるポイント

換気扇を回す

カビの発生の原因はなんといっても湿気ですね。カビは湿気を非常に好みます。ですからお風呂に発生しやすいのです。

逆に言えば湿気を何とかすることができればカビの発生を抑えることが可能になります。ですからお風呂の換気扇は常に回しておくようにしましょう。

換気扇というのは常に回していてもそこまで電気代が負担にはなりませんから安心してください。カビを掃除する手間を考えたら安いものでしょう。

水滴を残さない

これは少し面倒な方法になってしまいますが、使った人が水滴をきれいに拭き取ってからお風呂を出るという方法があります。

使うたびに水気を取って、常に乾燥した状態を保つことができればカビの発生は起こらないでしょう。しかし毎回出るたびに水滴を残さず拭き取るのは非常に面倒な作業です。

ですから無理にとは言いません。徹底的にカビを抑えたいという人は実践してみてください。その際にはスキジーという道具を使うといいと思います。

これはゴムパッキンが付いているT字の水切り用の道具です。これがあれば効率的に水滴を除去することができるでしょう。

窓ふきの際に仕上げに使う道具と言えばイメージできる人も多いと思います。

カビ防止の製品を利用する

カビを防止する製品も市販されています。こういったものを使えば効率的にカビを抑えることができるでしょう。

置いておくだけなので手間もかかりませんし価格もお手頃です。自分で水滴を取るのが面倒だったりする人は試してみてもいいでしょう。

貼るだけでカビ対策 ”勝手にカビ取り”(効果持続期間:約6ヶ月)

こういった商品ですね。中にカビの発生、繁殖を抑える成分が入っており、それが気化して浴室全体のカビを抑えてくれるというわけです。効果もこの商品の場合半年ですから悪くないと思います。

おわりに

いかがでしょうか。お風呂のカビは主婦の人を悩ませる問題だと思います。体をきれいにする場所ですから気持ちよく使いたいものですよね。

カビの発生が心配な人はぜひこの記事を参考にして実践してみてください。

Photo by http://www.ashinari.com/2008/08/06-006089.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20110301011014

本記事は、2011年03月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る