\ フォローしてね /

こうすれば出来る!口笛練習法

出来てしまうと出来なかったのが不思議だけれど、出来ない時はどうやったらいいのかもわからないことって、ありますよね。

そのひとつがこの、口笛だと思います。どうやって吹くの?と聞かれても、手取り足取り教えてあげることも出来ないし、どうやって教えたらいいの?!と悩んでしまいますよね。

そこで、私が実際にこどもに教えて、ちょっと吹けるようになったやり方をご紹介します。完全に自己流なので、これで出来るよと補償はできません。

でも、うちの子は実際ちょっとではありますが、出来るようになったので、やってみても損はないのではないかと思いますよ。

口の構え

まずは口の構えです。口笛を吹こうとすると、誰しもするであろう「すぼめた口の形」、音で言うと「う」の形でOKです。

「う」の形が作れたら、その形からさらに、口がひし形になるのをイメージしてみましょう。上唇の両脇にちょっと力が入る感じです。

唇がカラカラに乾いていると吹きにくいので、軽く舐めて湿らせておくとよいでしょう。

舌の構え

次は舌の構えです。舌の場所は諸説ありますが、まだ吹けない人の場合、とりあえずあまり舌の場所は意識しなくてよいと思います。普段の場所でOK。

口の内側の両脇の壁と舌、三か所をちょっと膨らませるような気持ちで、口の中を狭くしてみましょう。

吹き方

上の二点を守って口の構えを作れば、普通に息を吹いても音が出るのではないかと思います。なかなか出ない場合は、しばらく練習してみましょう。

ずっと同じ口の構えにしておくのではなく、一呼吸ごとに少し口を開いて、また元の構えに戻すようにすると吹きやすいです。

音階の出し方

ちょっと音が出た!という人は、音階に挑戦してみましょう。口笛にはボタンも何もありませんから、音を変えるのはちょっとした吹き方の違いです。

大事なことは息を吹く向きです。低音を出したい時は、上唇を膨らまし気味にして、息を下に吹くように。高音を出したい時は、その逆です。

おわりに

ちょっと音が出たでしょうか?コツがつかめればすぐ上達しちゃいます。是非練習してみてくださいね。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。