生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 素材別・椅子のお手入れ方法

素材別・椅子のお手入れ方法

2011年02月28日作成

 views

椅子はどこの家庭にもたいていはあるかと思いますが、毎日使用していれば、食べ物や飲み物でシミを付けてしまったりなどで当然汚れてくると思います。

そこで今回は、素材別・椅子のお手入れ方法を紹介したいと思います。どんな風にメンテナンスをすれば良いかわからないという人も、素材別に書き出してみたので解りやすいかと思います。

椅子を長持ちさせたい人、汚れてきたのでそろそろ綺麗にしようかなと思っている人は是非参考にしてみてください。

目次

木製

普段のお手入れ

日ごろのお手入れは基本的には乾いた布で乾拭きになります。日常的にやらなくても、たまにで大丈夫です。

汚れてしまった場合

汚れが付いてしまい、それが乾拭きでは落ちないようなものであれば塗らして絞った布に、中性洗剤をぬるま湯で薄めたものを含ませ、よくふき取ってみてください。

皮製

普段のお手入れ

放置しておくと摩擦などで劣化してしまうものなので、たまにで良いですがワックス(皮革用のもの)を使ってお手入れしたほうが良いでしょう。

普段は柔らかめの布で乾拭きをしておけば良いと思います。濡れ拭きはしないでください。

汚れてしまった場合

水に塗れるのは良くないので、水分が付いてしまった場合には素早くふき取るようにしましょう。

汚れが付いてしまった場合には、濡れ拭きをするのではなく皮素材用のクリーナを使ってみてください。

ビニールレザー

普段のお手入れ

座面などによく使われていますが、劣化しやすいのでお手入れはこまめに行うようにしたほうが長持ちします。こちらも基本は乾拭きになります。

汚れてしまった場合

乾拭きでふき取れなければ、まずは水でぬらし、固く絞った布でふき取ってみましょう。

それでも取れないようなしつこい汚れの場合は、ぬらして絞った布に、中性洗剤をぬるま湯で薄めたものを含ませてふき取ってください。

その後は洗剤が残らないようにするために、さらにもう一度水拭きをしてください。洗剤が残っていると劣化してしまうことがあります。

普段のお手入れ

他のものと違って、ほこりなどを吸ってしまうので、お手入れは汚れを取るというよりもほこりを取り除くということになります。

ブラシなどでささっと取れると思います。持ち上げられるようなものならば、ベランダなどで軽くはたいてもいいと思います。

汚れてしまった場合

他のものと同じく薄めた中性洗剤で良いのですが、汚れが染みて落ちにくくなってしまっていることもあるかと思います。

その場合はアルコールなどを浸した布で拭いてみてください。布製のものは汚れると落とすのが大変ですので普段から気をつけましょう。

おわりに

素材によって注意点など違ってくることがありますので、自分の家ではどんなものを使っているかよく見てからお手入れしましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110226130617

本記事は、2011年02月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る