生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 妻が愛妻弁当を作ってくれるまでの9ポイント

妻が愛妻弁当を作ってくれるまでの9ポイント

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者、結婚してまもなく一年。

想定外に相性が合わないこともありつつ、また、逆にとっても魅力的で可愛い面を再発見したりもしつつ、その都度絆を深めながら日々を過ごしております。

私は、『自分が仕事を引退した時も、夫婦や家族みんなで旅行に行けるような仲良しファミリー』を目指しています。

というのも、昨今ワーク・ライフ・バランスの重要性がよく語られていますが、話を聞いていて絶句するのが「引退した後、どこにも行き場所がないお父さん」という絵柄です。想像しただけでも、鳥肌がたちます。申し訳ないのですが、そうはどうしても成りたくない。

私は、仕事も大事だけど、家庭の方がもっと大事。一番大事。だから、最初に掲げたようなことを達成するために、妻を、そして、家族を大事にする夫/父を目指していきたいと思います。

夫として男として気をつけている9ポイント

その1 妻と息子と家のことを最優先事項にする

子育て会社員が妻に愛されながら月59時間英語を勉強する方法でも書きましたが、気をつけていること。

  • 息子が泣いたらオムツを換えにいき、あやし、時間帯によっては寝かしつけます。
  • シンクにお皿が溜まってたら、洗います
  • 朝起きたら洗濯機を回し、干します。

こういうことを妻の仕事だと決めつけては行けません。もちろん、私の仕事だとも決まっていません。

やれる人がやればいいのです。妻が授乳していて大変、そのときに私がやれるのならやればよいのです。

その2 (イイ意味で)期待しない

今の妻の状況は、

  • 6ヶ月の手のかかる子供を育てている
  • (詳しくは述べませんが)母乳トラブルのため食事制限がある(油禁止)≒食事にとても手間暇がかかる
  • 強制的に完全母乳のため慢性的な睡眠不足

などのため、家事をやるのも一苦労です。

このような状況で、「今日は夕飯何かな〜」→「ごめん、子育て大変でできてない」→「えー!」といちいちげんなりしていても仕方がありません。

「私のことは何もしてもらえていない」、ぐらいの気でいるぐらいの方が調度良いのではないかと思います。

そういう気の持ちようでいることで逆に、「今日は夕飯準備できてるよ!」という何気ない行動にとても感動できます。

その3 よほどのことが無い限り怒らない

これは、気を付けているのであって、ダメなときもあります(苦笑

自分が1%でも悪かったら文句は言わない。また、その文句を言おうと思ったことが3回続かない限りは言わない。などがあります。

上述の状況のため、妻のストレスは私が理解している以上に多いみたいです。ストレス要因に私も入るのはとても申し訳ない。ここは、男が我慢です。

でも、それで私が倒れると家庭が壊れるので、適度に我慢し、ダメなとき・怒った方が良い時は私もぶつけます。ここまで我慢してぶつけることは得てしてコミュニケーション改善につながることが多いような気もします。

ただ、ぶつけるときも言葉には非常に注意してぶつけましょう。

その4 スキンシップを怠らない

ある意味、家庭内痴漢と言えるかもしれませんw

後ろを通りすぎる度に、お尻を触るぐらいは夫には許されているはずですw そこで「何するのよ、いやーん」ぐらいはしっかりお互いにのろけましょうw

他にも、ハグとか手をつなぐとかキスするとか真面目なものも色々ありますが、とりあえず、一番お手軽ですw

その5 愛の告白を何回でもする

ギャグでも真剣にでも良いので、何かの拍子に一日一回ぐらいは「愛の告白」をしましょう。言葉に出した方がやはり伝わります。

その6 話を聴く

コレがはかなり大事なのかもしれません。朝でも夜でも話を聴きましょう。

その時、よく言われることですが、解決策を提示なんかしてはいけません。とにかく聞いて同意する。

その7 早く帰ってくる

無駄な残業をせずに済むときは早く帰って、家にいましょう。それだけでも助かるみたいです。

その8 妻の遊びに協力する

なかなか外に遊びに行けないことも多い妻ですが、「◯◯に誘われたんだけど、、、」と言う願いは極力叶えるように努めています。

  • 友人の結婚式に妻が出席→結婚式会場に私と子供も一緒に向かいギリギリの時間で授乳した後、私と子供は帰宅
  • 夜に友人の送別会に妻が参加→なるはやで帰ってきて子育てバトンタッチ→お風呂/寝かしつけをやっておく。 など。

とても感謝してくれて、私もすごく嬉しくなります。
お試しあれ!

その9 ありがとうを伝える

何気ない小さいことでもありがとうを伝えましょう。とても大事だと思います。

おわりに

もしかすると、全て「その1」に尽きるのかもしれません。

とにかく、家を、妻を、息子を大事にする。

そうすることで、良い家庭のサイクルが回るのではないかと思います。

こういったことを続けているおかげか、「昼休みを有効活用したいから弁当作ってほしい!」と言う要望を最近した際にも、快く応えてくれました。また、たまに上記写真のような嬉しい愛妻お弁当を作ってくれたりするのは恥ずかしいながらもとても嬉しいです。

目標の仲良しファミリーにしっかり近づけているのではないかと思っております。

筆者は昼休みを仮眠や勉強に当てたかったので、お弁当にしたかったのです。

夫のみなさん、イクメンやグッドな夫を目指して引き続きがんばりましょう!

こちらもどうぞ

参考図書

「残業ゼロ」の人生力
家族を大事にすることについての重要性、そのための残業ゼロの方法を説いてくれています。

部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~
家族を助けるためのノー残業を実行された東レ・佐々木さんの著述。この本には大きく影響を受けております。

妻を愛する技術 ――スローセックスから日常の会話まで (講談社プラスアルファ新書)
このレシピのどんずばな本です。色々な細かい技術についてw スキンシップなんかはこの本からです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100517062540

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る