生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 口笛で音楽を吹けるようになる方法

口笛で音楽を吹けるようになる方法

2011年02月28日作成

 views

はじめに

口笛で、何気なく、好きな音楽を吹けたりすると、カッコいいし、子供に自慢できたりしますよね。

でも、女性ならまだしも、男性で、口笛で音楽を吹けなかったりすると、逆にかっこ悪く思われたりしてしまいます。

そこで、口笛で、音楽を吹けるようになるための練習方法を紹介したいと思いますので、一度挑戦してみてください。

口笛で音楽を吹くための練習方法

STEP1 口笛が吹けるようになる

まず、口笛が吹けないことには、何も始まりません。口を尖らして、そっと息を吹いてみましょう。

少しでも、「ピー」っという音が鳴らせるでしょうか?鳴らせないなら、少し息を強く吹きすぎているのかもしれません。尖らし方が不十分なのかもしれません。

隙間風が入ってくるときの感じを思い浮かべてください。風が、狭い空間を通りぬける際、「ピュー」と音がしますよね。その状況を、唇と息で作ればよいのです。

何度か練習すれば、上手に音が出せるようになると思います。

STEP2 強弱をつけてみる

音を出すことが出来るようになったら、次はその口笛に、強弱をつけてみましょう。ピーっと音を鳴らすことに慣れてくると、息の吹き方を強くしたり弱くしたり、コントロールすることができるようになってくると思います。

音を小さくしようと、息を吹く強さを弱くしてみると、音が小さくなると同時に、音程が低くなり、逆に強く吹くと、音が大きく、音程が高くなります。

これで、音楽を奏でる基本ができました。

STEP3 好きな音楽を吹いてみる

次に、最終段階です。強弱をつけたことによって、ある程度、音程をとることができるようになりました。

そこで、次に、自分が好きな音楽に合わせて、口笛を吹いてみましょう。最初から上手に音程に乗せるのは難しいでしょう。

ですが、イメージしながら、音楽に合わせて口笛を吹いているうちに、徐々に音程が合ってくると思います。

実際に音楽をかけながらすると、口笛の音が聞こえにくくなってしまいますので、頭の中で音楽をイメージしながら吹いてみてください。頭の中の音楽と、耳から入ってくる自分の口笛の音が、少しずつ近付いてきます。

あとは練習あるのみです。口笛は、コツさえ掴めば、あとは慣れですので、いろんな曲にチャレンジして、どんどん上達してしまいましょう。

おわりに

大切なのは、できるようになると信じて、何度も練習することです。好きな音楽を口笛で気持ちよく奏でられるようになって、周りに自慢してしまいましょう。

(photo by 足成 音楽を聴く 工藤隆蔵)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110225102213

本記事は、2011年02月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る