生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 口笛の練習法

口笛の練習法

2011年02月28日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

あなたの周りに、とっても口笛の上手な方はいらっしゃいませんか?もしくは、好きなアーティストの楽曲に上手な口笛が吹き込まれていたりするのを聞いたことはありませんか?

口笛が上手な方ってとっても素敵ですよね。特に、何気ない時に上手な口笛を吹いている方を見ると、「格好良いなあ」なんて思いませんか?

そんな方々の影響を受けて、「もっと口笛が上手くなりたい!」、「自分も口笛が吹けるようになりたい!」、「でも自分で練習してもなかなか上達しない…」、なんて方も多いのではないかと思います。

今回はそんな方々に、口笛の練習方法を紹介したいと思います。

1、口をすぼめる

まずはここから。鏡を見ながら口笛を綺麗に吹いている方を思い出し、もしくは見ながら口をすぼめてみましょう。

この時に恥ずかしがって控えめにやっていると永遠に音は出ないと思ってください。練習ですので、思いきり良くすぼめてみてください。

口をすぼめ、息を吹いた時に音が出るようになったらその口の形があなたのベストな形ですのでそれを忘れずに、まずはその形からスタートです。

練習をしていく上で口の形は自分が吹きやすいようにどんどん変えていってください。

口をすぼめたときは下あごを引くイメージで、下唇が上唇よりも出ないように

「下あごを引くイメージ=あごを引くこと」ではないので注意

2、一番綺麗な音の出る舌の位置を確認する

口の形が決まり音が出るようになったら、次は舌の位置です。一定の音を出すだけなら口をすぼめるだけで良いのですが、歌を吹きたい、音階を使いたい、なんて時は舌の使い方が重要になってきます。

音の出る口の形で舌を様々に動かし、自分の出しやすい位置を探ってていきましょう。

3、練習あるのみ

音が出て舌の位置が決まったなら、後は練習あるのみ!家族に煩いと煙たがられても、しつこいと怒られても、毎日継続して練習し続けることが上手くなるためのコツです。

初めは風が吹くような掠れた音でも良いんです。練習していけば、必ずあなたの努力は報われます!

唇が乾いていると音が出にくいように思います。というか、むしろ唇は湿っているというよりも濡れているくらいの方が音が出やすいです

おわりに

いかがでしたでしょうか。実は筆者も口笛の上手な友人や家族に憧れて口笛の練習を始めたクチでして。結構最近まで、家族の中で唯一口笛が吹けませんでした。しかも練習を始めた当初はひどい有様…。

でも、どんなに下手であろうとずっと練習を続けていたら、徐々にではありますが上達してきました。まだまだ練習は必要ですが、これまで練習してきた成果は出ていると思っています。

ですので、「ちょっと練習したけど全然吹けないや」で投げ出すのではなく、「練習してるけど全然吹けない…でも、必ず綺麗に吹けるようになってやる!」の意気込みで継続練習をしてみて下さい。

先にも書きましたが、初めは誰しも下手です。もし、「初めから簡単にできちゃったよ」と言っている方がいたら、それは天才や才能があるという部類の方です。

あなたもそうだとは限りませんので、上達したいのであればまず練習あるのみです。お互いに継続練習がんばりましょう。

本記事は、2011年02月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る