\ フォローしてね /

ときめきメモリアルの藤崎詩織をおとすための小ネタ集

恋愛シミュレーションゲームの不朽の名作「ときめきメモリアル」。ヒロイン藤崎詩織をおとすのは、結構大変です。

というのも、詩織をおとすためには、単に詩織とデートするだけでなく、主人公(プレーヤー)の各パラメーターをバランスよく上げなければならないからです。その他にもいろいろ問題が…。

そこで、当記事は、藤崎詩織をおとすための小ネタ集について解説します。

その1:詩織を「文化部」所属にする

詩織と仲良くなるためには、主人公を詩織と同じ部活に所属させたほうがいいです。

ただ、詩織が野球部やサッカー部などの運動部に入っていると厄介です。というのも、運動部に所属すると、毎月第3日曜日には、必ず「試合」に参加しなければならないからです。

「ときメモ」的には、日曜日は、貴重なデートデーなので、部活に費やすわけにはいきません。

そこで、詩織をおとすためには、詩織には美術部や文芸部などの、文化部に所属してもらったほうが都合がいいです。

詩織の所属クラブは、最初に設定する詩織の誕生日によって決まります。こちらのページに、何月何日生まれにすると何部になるのかが分かるチェッカーがあるので参考にしてください。

その2:3年生になるまではひたすら「部活」か「寝る」

「ときメモ」では、主人公に「運動」や「勉強(文系or理系)」など、様々な指令を与えて主人公のパラメーターをあげます。

完璧人間・藤崎詩織は、男性の理想も高いので、主人公をあらゆる面でブラッシュアップしなければなりません。

ただし、平日に運動や勉強などの活動をしていると、詩織以外の女性キャラが次々と登場します。

これは、リアル世界では非常にありがたいことなのですが、「ときメモ」的には、後々やっかいです。

というのも、詩織ばかり相手にしていると、他の女性キャラが時々拗ねます。さらに、それを放置していると爆弾が破裂して、女性キャラ全員(詩織含む)のあなたに対する評価が下がるというアクシデントがあるのです。

他の女性キャラへの煩わしいフォローを少なくするためには、なるべく詩織以外の女性キャラの登場はご遠慮いただきたいというのが、「ときメモ」の世界です。

そのために主人公は、平日はなるべく詩織と同じ「部活」に明け暮れる。ストレスや疲労がたまったら、「寝る」。3年生になるまで、それ以外の活動は控えます。

そうすると、特定のパラメーター(部活内容に関連するパラメーター)ばかりが上がり、主人公がかなりイビツになります。そこで、休日(週末や長期休暇)に、低いパラメーターを補うように、主人公の鍛錬を行います。

ちなみに、3年生になると新キャラが登場しなくなるので、自由に指令を与えて、主人公がバランスよく「いい男」になるように育ててください。

どんなにデートで仲良くなっても、詩織は、主人公が「万能人間」(全パラメーター130以上)でないとおちてくれませんので。

その3:3年生になるまでは「デート」よりも「育成」

詩織とは、デートを通じて親密になる必要がありますが、3年生になるまではデートは控えめでOKです。

というのも、1・2年生のうちからデートにうつつを抜かしていると、主人公の育成が疎かになってパラメーターがあがりきらず、「詩織攻略」の条件を満たさないままエンディングを迎えることになるからです。

1・2年生のうちは、ひたすら「男を磨く」こと(主人公の育成)に専念します。デートするのは、せいぜい「長期休暇中」か「詩織のほうから誘ってきたとき」のみ。

3年生になってから、詩織に対するデート攻勢を仕掛けましょう。主人公のパラメーターが上がっていれば、ぐんぐん仲良くなれるので、3年生になってからでも遅すぎることはありません。

その4:他の女性キャラへは「ニヒル」になる

「その2」で紹介した方法を使っても、他の女性キャラが出てしまうことがあります。まず、友人の妹である早乙女優美は回避不可。その他、虹野・美樹原あたりが出現しやすいです。

こうした詩織以外のキャラに対する接し方は、ずばり「ニヒル」です。話しかけられたり、デートに誘われたりしても、ひたすら拒否(現実ではありえない?)。

ただ、あまりそっけない態度をとりすぎて、女性キャラが気分を害すると、爆弾回避のためにデートに誘うなどしてフォローしなければなりません。

詩織以外の女性キャラとデートに行った場合には、なるべく嫌われるような発言を心掛けます。例えば、一緒にショッピングに行って、「似合わない」「かわいくない」など。

喜ばせる発言をして、女性をその気にさせると、厄介です。放課後に待ち伏せしたり、しつこくデートに誘ってきたりします。現実では夢のような展開ですが、「ときメモ」的にはありがたくありません。

主人公に好意を持つ女性キャラは、そっけなくしたり、主人公が詩織と仲良くしたりすると、すぐに拗ねます。拗ねると困ったことになるのは、前述のとおりです。

爆弾回避のために、フォローに明け暮れていると、結局、詩織にまで手がまわらないというアンビバレンツな状況に陥ります。

八方美人でモテモテになってウハウハ。結局、卒業式には誰からも告白されない(もしくは美樹原が登場する)というパターンは、初心者にありがちなミスです。

おわりに

いかがでしょう。藤崎詩織をおとすための小ネタ集についてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、あなたの「ときメモ」完全攻略のヒントになれば幸いです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。