生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 一石二鳥!子供も自分も英語が上達する方法

一石二鳥!子供も自分も英語が上達する方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

2011年度から、公立小学校5年生から英語(正確には“外国語”という位置づけ)が必修となります。

教育熱心なパパママさんなら「たいへん! 子供が困らないように、塾にいれようかしら…」と悩んでいるかもしれませんね。

もちろん塾もOKなのですが、もし「私も英語が話せるようになりたい」というパパママさんは、このチャンスに子供と一緒に英語をスタートさせてみたらどうでしょうか? 

私も実際この方法を小学校1年の息子と試しているのですが、忘れかけていた英語力(特にヒアリング)がブラッシュアップされた気がしています。

そこで今回は、子供と一緒に楽しんで英語学習をするメリットと、具体的な英語の勉強の仕方をお伝えしたいと思います。

子供と一緒に英語学習するメリット

親子のコミュニケーション時間になる

子供にとって親が自分に時間をさいてやってくれている、というのはとても嬉しいもの。英語カードを使ったゲームもありますので楽しんでやれますよ。

「子供のため!」と思えば持続しやすい

英語を習得できない一番の原因は“続けられない”こと。英語には反復練習がとても重要です。

でも自分だけだと飽きてしまったり、面倒になってしまいがちではないでしょうか。でも子供の為にもなるんだ! と理由付けをすることで続けるモチベーションがUPします。

簡単なところから始めるので、一緒にやっている保護者も挫折しにくい

なんでも基礎が重要です。保護者も基本をおさらいするつもりで取り組みましょう。特にヒアリングや文章のチャンツ(英語のかたまり)は、こういった初歩からやっておくと大人でも後々ためになりますよ!

というわけで、以下「小学生までの子供と一緒に楽しめる英語学習方法」をご紹介します。

子供と一緒に楽しめる英語学習方法1: 英語ゲーム 

今回の「子供」は小学生までの子供と位置づけてください。

英語かるた

まずは、英語カードをそろえます(季節、曜日、色、動物などなどグループでそろえましょう)

表には絵と英単語、裏は出来れば日本語。書店やネットで購入するかネットの無料素材を探して自宅のプリンターで印刷してもOK(でも自分印刷は時間とインクがとてもかかります)

カルタのように保護者が英単語をよみ、子供にあてさせるゲーム。読むのが難しければCD付カードを使ってもOK

英語で神経衰弱

アルファベットカードをつくります。 大文字と小文字で1枚づつ作るとカードが48枚できます。

最初は「親子の文字だから、セットにしてあげてね」と、2枚1組ということを覚えさせます。

子供が完璧におぼえたら、カードを裏にして神経衰弱のように、小文字と大文字のカードをあてていきましょう。

英語をつくろうゲーム

ちょっと上級です。英単語などをある程度覚えてきたら文章ゲームに移ります。(1)で使った英単語のカードを使います。

まずは保護者が、"This is a pen." など簡単な文章をつくります。子供に好きな英単語カード(最初は名詞がよいです)をひいてもらい、、"This is a 〇〇." と引いた英語のカード(名詞)の部分変えて言ってもらいます。

上手くいえたらその単語のカードをあげます。それを繰り返して一番多くカードを持っていた人の勝ち! ご褒美をあげたら喜びそうですね。

子供と一緒に楽しめる英語学習方法2: 英語絵本を読んであげる

発音に自信のない人は、CD付絵本を選んでください。先に保護者がCDをよく聴いて発音をおぼえます。それを子供に読んであげましょう。

「私のつたない発音なんて…」と大人は思うでしょうが、子供にとっては身近な保護者が読んでくれるという行為だけで、かなりモチベーションがあがります。

もちろん保護者もCDの通りに発音する努力をするわけですからヒアリング力、文章力がアップすること請け合いです。

子供と一緒に楽しめる英語学習方法3: 英語の映画を一緒にみる

ジャンルは子供の好きなものを。アニメでもよいと思います。最初は日本語でみる⇒翌日英語でもう一度みる、というステップが一番効果的です。ですから長さは30分~60分程度の短いものがベスト。

まとめ

いかがでしょうか? 最近はネットやEメールのやりとりでも英語を目にすることが多くなってきました。子供だけでなく、パパママといった保護者も英語力をアップさせておいて損はないと思います。

親子のコミュニケーションにもなり、自分の英語学習にもなるので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/wwworks/3120815649/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100517105803

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る