生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 乳幼児が発疹になった場合の対処法

乳幼児が発疹になった場合の対処法

2012年09月24日更新

 views

お気に入り

はじめに

子どもが突発性発疹になったときに、湿疹が出た場合の対処法についてお医者さんに確認した内容をレシピとしてご紹介します!

お医者さんに確認した内容とはいえ、似ている症状でも違う原因など考えられます。今回のライフレシピは筆者の子どもの事例なので、あくまで「参考」としてください!

突発性発疹について

突発性発疹とは?

一般的に、突発性発疹とは、ヒトヘルペスウイルスへの感染による病気で、急に高熱が出ますが、咳や鼻水はでない、とされています。3-4日高熱がでたあとに下がり、おなかや背中に赤い発疹がでます。中には、頭や手足など、全身に出る場合もあって個人差があるようです。

私の子どもは中耳炎や気管支炎を立て続けにわずらったあと、最後に突発性発疹になりました。その過程で、咳や鼻水も出ていました。ほかの病気と併発している場合もあるようです!

突発性発疹の様子

首の周りの様子です。見苦しいかもしれないのですが、参考になればと思いますので、掲載いたします。同じような発疹が、顔、頭、背中、お腹、手、足にも広がりました。

お医者さんに聞いたのですが、一般的に発疹の場合は、まず、はしか、かどうかを確認するようなのですが、はしかの発疹の出方のポイントは、「蚊に刺されたようなかんじ」になる、ということです。若干盛り上がるみたいなかんじ、ということのようです。突発性の場合は、もう少し小さく赤みがかった発疹で、突発性発疹自体にはかゆみはない、とのことでした。

突発性発疹と同時にお医者さんが疑った病気

あくまで私の子どものときの場合なのですが、手や足にも発疹があったことから、念のために、溶連菌の検査もしました。 溶連菌ではなかったのですが、のどちんこのまわりに白いぶつぶつができていて、舌がいちごみたいになっていたら確率が高いようです。

発疹のときに疑われる病気

うつるもの

  • 水ぼうそう
  • とびひ
  • 風疹
  • はしか
  • 手足口病
  • りんご病
  • 水いぼ

うつらないもの

  • アトピー
  • あせも
  • 脂漏性湿疹
  • 食物アレルギー、じんましん
  • 接触性の皮膚炎
  • 突発性発疹
突発性発疹は、小さい子どもの間ではうつることもあるようなので小さいお友だちとの接触は避けたほうがよいと思います

夜間でもすぐに病院に行ったほうがよい場合

下記の場合はすぐに病院にきてください、といわれました。

  • ぐったりしていて顔色が青い
  • 高熱がでている
  • 呼吸困難な状態
  • 水泡などがある場合、それがどんどん大きくなり破れる

おわりに

突発性発疹の場合は、熱がさがってから出ている発疹のため、あまりあわてずに対応したほうがよいようです。水分をよくとって、着替えなどをし、気持ちよく過ごせるようにしてあげるとよいとのことです。ただし、突発性発疹だ、と勝手に判断するのは危険なので、診療時間内にお医者さんにすぐに受診した方がよいでしょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100516190524

本記事は、2012年09月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る