生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 元彼との付き合い方

元彼との付き合い方

2013年01月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

あんなに大好きで愛し合ったのに、ある日あることがきっかけでその恋心が突然さめて破局してしまう・・・なんていう話は日常よくあることでしょう。

しかし、職場や学校、共通の知り合いがいるなど、別れたとはいえとたんに冷たくあしらうこともできないし、顔を合わせなければならない場面もある・・・と言うこともよくあるでしょう。

そこで今回は、こちらとしては特に未練はないけれども、顔を合わせなければならない「元彼」との付き合い方をご紹介します

二人きりにならない

まず一番重要なのが、二人きりになってしまう場面を作らないということです。

もしかしたら彼はあなたに未練があるかもしれないし、逆にあなたに恨みをもっていて、それをあなたにぶつけたいと思っているかもしれません。

どうしても顔を合わせなければならない場面になっても、仲のよい友人に常に一緒にいてガードしてもらうなど、二人きりになるのは極力避けましょう。

もしも元彼と二人きりになりそうになったら、できるだけさりげなくその場を離れるようにしましょう。

つかず離れず

別れたからといっていきなり冷たく無視したりするようでは、どんなに円満な別れ方をしても角が立ってしまいます。

どうしても彼と顔を合わせる機会がある場合には、できるだけ自然に、世間話ができる知人ぐらいの距離を保って接するのがよいでしょう。

例えば彼がパソコンが得意だとしたら、「~の仕方がわからないんだけど」など、ちょっとしたことを相談して、「私はあなたを冷たく突き放してはいませんよ」と言うことをアピールしましょう。

ただし、何かを相談すると言っても恋愛相談だけは御法度です。

あなたにその気はなくても、「もしかしてオレに未練があるのかな?」と相手に誤解されてしまうので注意しましょう。

「元彼」に関する情報を入手しない

いくら別れたといえ、昔は大好きだった「元彼」です。

未練はなくても、元彼の新しい彼女はどんな人なのか、今どんなことに興味を持っているかなどは、気になってしまうのが女心でしょう。

しかし、気になってもそこはぐっと我慢して、元彼に関する情報収集は必要最小限にとどめるようにしましょう。

全然未練がなかったのに、元彼の話を聞いているうちにどんどん気になってまた好きになってしまった・・・なんていうことにならないように注意しましょう。

(焼けぼっくいに火がついて、また付き合うようになったら、それはそれでいいかもしれませんが、一度だめだったものは、何度やり直してもそううまくはいきません)

おわりに

一度は縁があって一緒に楽しい時を過ごした相手ですので、「あの男のことは思い出したくもない」と言う場合でなければ、それなりに距離を保ちながら付き合っていくのもいいのではないでしょうか。

「あれも今考えるといい思い出だったな」と余裕で言えるようになれば、あなたも女としてスキルアップしたと言えるでしょう。

Photo by http://www.ashinari.com/2009/07/23-025096.php?category=266

この記事で使われている画像一覧

  • 20110225191605

本記事は、2013年01月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る