生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 呼吸法をマスターして健康的な美人になる方法

呼吸法をマスターして健康的な美人になる方法

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

私達が普段行っている「呼吸」。

1分で15〜16回、1日で約2万回もしている呼吸の質を高めると、健康度も美人度もアップします。

今回は、そんな呼吸に着目し、健康増進に活かす方法をご紹介します。

呼吸の働きを知ろう

呼吸とは、空気を吸って、血流に酸素をのせて細胞に届けて、細胞から老廃物や二酸化炭素を受け取り、吐き出すことです。

このとき、1回の呼吸で吸い込む酸素量は、多いほど体の活性度は高まります。肺には、息を吐いても、吐き切れない残存量があり、これが外から吸い込む空気の量を減らしています。

だから、深い呼吸を身につけ、たくさんの空気を吐き出せば、勝手にたくさんの酸素が入ってくるわけです。

深呼吸で、血管が広がることで血行がよくなり、代謝がアップします。体温もあがり、免疫力が上がるなど、体にいいことが沢山あります。

朝の呼吸

効果:気分をすっきりさせる

朝起きたら、ティッシュで鼻をかみましょう。または、好きな1曲を鼻歌で歌いましょう。

鼻の通りがよくなり、朝から気分がすっきりします。

鼻呼吸

効果:免疫力を高める

通常呼吸では、鼻で吸い鼻で吐く「鼻呼吸」が基本です。鼻は、動物の本来の呼吸器官であり1回の摂取量も口より多いためです。

また、鼻呼吸には空気のクリーニング作用や加温加湿作用をして細菌などの感染を防ぐ役割も担っています。

くちを大きくあけてポカンとしているのは、NGです。起きてる時は鼻呼吸でも、寝ている時に口があいている場合があるので注意しましょう。口は閉じている方が美しく知的です。

腹式呼吸(深呼吸方式)

効果:血行が良くなる。内臓の働きの活性化。

吸った時に、おなかを前に膨らますのでなく、脇腹に手をあて腹を帯状に包む腹横筋を横に膨らませるイメージで呼吸をしましょう。

横隔膜の上下運動と横への広がりを意識しましょう。通常呼吸のときも、肺活量がアップします。

また、血行がよく顔色がよくなり、内臓マッサージ効果もあり、お通じにもよい影響がでます。

瞑想呼吸

効果:リフレッシュ。ストレス発散。

鼻から大きく吸った新鮮な空気や季節のエネルギーが、全身を駆け巡り、ひとつひとつの細胞が喜んでいると想像します。

そして、老廃物・いやな出来事・ネガティブな感情の全部を、体の外に吐き出すイメージで呼吸します。ストレス発散でき、気分がよくなりますよ。

片鼻呼吸

リラックス効果大(ヨガ系)

空気の流れが自覚でき、血行よく、落ち着いた気持ちになります。

まず、 目を閉じ、右手の指で右側の鼻をふさぎ、左の鼻だけで息を吐きます。「1、2、3、4…」と数えながら息を吸い、次に1〜8まで数えつつゆっくり息を吐きます。

これを3回繰り返し、反対側の鼻も同じように行います。

おわりに

これらを適度に行うと、美と健康のパーフォーマンスが高まることは必然です。

出費0円というのも素敵ですね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140120155055 52dcc74fa3fe0

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る