生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 自分に似合うスーツを探す方法

自分に似合うスーツを探す方法

2012年08月07日更新

 views

お気に入り

はじめに

サラリーマンの仕事着スーツですが、こだわりをもつ人はとことこんこだわっているようですが、そうでない人はまったく知識がなく、何を選べば良いのかわからないことが多いようです。

よって、今回は自分に似合うスーツを探す方法を紹介したいと思います。

ポイント1:一番はオーダーメイド

やはり、身体にフィットしたものが欲しいのならば一番はオーダーメイドです。フルオーダーメイドだと高いですが、セミオーダーであるならば数万円代から注文することも可能です。

まずはセミオーダーを一度試してみてはどうでしょうか。

ポイント2:既製服の場合

予算の都合などで、どうしても既製服しか買えない場合の方はどうすればいいのでしょうか。

もちろん、その場合でも方法はあります。

既製服のサイズを知る

カジュアルの場合は男性ですと、S、M、Lのサイズ分けが一般的ですが、スーツの場合はそのようなサイズ規格ではありません。

スーツのサイズ規格

お店によって、品揃えは異なりますが基本となるのは体型ごとに四種類あります。

  • Y体→細身
  • A体→標準体型
  • AB体→やや太め
  • BB体→太め

これらの体型別の規格の他に身長別のサイズが存在します。例えば、身長175センチメートル、標準体型の男性の場合は、A体175を選べば良いのです。

この基礎知識を意外と知らない人が多いようです。大事なことなので知っておきましょう。

ポイント3:お直しで既製服をカスタマイズ

オーダーメイドはダメだから、既製服を着る。これはいいのですが、やるべきことが一つあります。

それはお直しです。袖の長さ、裾の長さなどメーカーによって異なりますが既製服でもある程度はカスタマイズすることが可能です。

先にサイズの話をしましたが、手が長い、胴が長いなど人によっては規格から外れることはよくあることです。

よって、そういう場合はお直しをしましょう。注意すべきことは、このままでいいやと既製服を着ることです。

スーツ選びで一番大事なことはサイズです。大きすぎても小さすぎてもダメなのです。

かっこよく着こなしたい場合はデザインなんかよりも、このサイズが重要になるので注意してください。

おわりに

見た目を少しでもよくするためには似合うスーツを見つけるのが手っ取り早い方法でしょう。

Photo by 著者

この記事で使われている画像一覧

  • 20110226175517

本記事は、2012年08月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る