生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 相手の話が聞き取れない時役立つ英語フレーズ

相手の話が聞き取れない時役立つ英語フレーズ

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

英語が聞き取れないのはあたりまえ

外国人と英語で話している時、一番困るのは相手の言っていることが分からないことです。自分が話すのはブロークンにしても、たどたどしいとしても頑張れば何とか意志を伝えられます。しかし、相手の言っていることが分からないと、次に何を言っていいのか、どういうアクションをしていいのか分からないため、コミュニケーションはストップしてしまいます。

といっても、早口の英語でまくし立てられると、全く聞き取れず困ってしまうことがしばしばあります。これは初心者だけではなく、かなり英語の得意な人にも言えることです。ではどうしたらこんな局面を乗り切れるでしょうか。

まずは慌てず、「外国語なんだから英語は聞き取れなくて当たり前だ」と心を落ち着けましょう。そして、状況に合わせて次の5つのフレーズを使います。

Once more, please

「もう一度お願いします」=これはごく初級のフレーズです。簡単なので絶対覚えておきましょう。

Speak more slowly, please

「もう少しゆっくり話して下さい」=これも初級フレーズ。相手はゆっくり話してくれますが、やがてまた早くなるのでそのたびにこのフレーズを使いましょう。

ただし、上の2つのフレーズを使って相手に再度話してもらったり、ゆっくり話してもらったりしてもまだ分からないことがあります。それは知らない単語が混じっていたり、アクセントがあって聞き取りにくかったりするからです。

ここで諦めてはいけません。英語の達人になるにはここからが勝負なのです。

What did you say after(before) ○○○?

「○○○(特定の単語やフレーズ)の後(前)になんて言ったの?」

相手の言葉の中からどこが分からなかったかを具体的に聞くフレーズです。○○○という単語やフレーズは印象に残った言葉、聞き取れた言葉などなんでもいいです。この質問をすることによって、分からなかった部分が具体的に分かるし、相手に「オッ、私の話をちゃんと聞いているな」という印象を与えます。

What does ○○○ mean?

「その言葉どういう意味?」

特定の単語やフレーズが聞き取れたけれど意味が分からないという時に使います。たいていの外国人は親切に教えてくれます。それが分かるだけで全体の意味も分かってきますし、何よりも印象に残るので勉強になりますね。

I would like to make sure

「確認させていただきます」

相手の話を聞き終わったら、大事な要点だけでも確認を入れておきましょう。理解したようでも所詮は外国語。時間とか日日とか場所とか値段とか基本的なことを間違って理解しているかもしれません。

相手の話を繰り返すことによって、スピーキング力も身について一石二鳥です。親しい相手なら「I wanna make sure」とカジュアルな表現をしてもいいと思います。

これだけ知っていれば困らない

最初の2つのフレーズを話す人はたびたび見かけますが、次の3つのフレーズを使う人をあまり見たことがありません。実はこの3つのフレーズは著者が若き日、相手の英語が分からなくておろおろしていたら、素敵なアメリカ人のキャリアウーマンが教えてくれました。「これだけを知っていれば大丈夫よ」(笑)と。

Photo by 著者

この記事で使われている画像一覧

  • 20110225144252

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る