\ フォローしてね /

いつでもどこででもできる英語トレーニング方法

見たものをそのまま英語で話してみましょう

これはあなたの目の前で起きていることをそのまま自分なりの英語で実況中継するように口に出してみるトレーニング方法です。
どんどん目の前のことを英語で話してみましょう。

具体的な方法

いちばんトレーニングしやすいのはテレビドラマや、動画サイトを使って話してみることです。

好きなドラマや動画を見つけて、出演者がしていることを、出来る範囲でいいので、見たとおりに英語で話してみてください。

例えば、、

お母さんは晩御飯を作っている
Mom is cooking a dinner.

子どもたちはアイスクリームを食べている
Children are eating a ice cream.

クルマがトラックに衝突した
The car crashed into the truck.

このように、簡単な文でいいのです。英作文をするのと違って、見たものをすぐに英語にするため、英語をアウトプットする瞬発力が身につきます。

言えなかったらメモを取り、調べてみましょう。

トレーニングをしているとやはり、「あれ、なんて言えばいいんだ」とつまずいてしまうことが多々あると思います。それに気づくのもトレーニングのひとつです。

言いたいことが英語ですぐに言えなかったら、日本語で言いたかったことをメモして、すぐに辞書などで調べて、文を完成させてみましょう。

英辞郎には豊富に例文があるので、言いたかった英語をすぐにみつけられるでしょう。

思っていることも英語で

ドラマを見ていたら、そのシーンに対して感じたことも英語にしてみるといいかもしれません。どんどん英語で口に出してみましょう。

例えば、、

あいつは一体なにしてんだ!?
What the hell is he doing!?

えっ、これでもうおしまい!?
What!? Is that all?

ダメだ。やめろ、するんじゃない。
No! Don't do that. Don't do that.

もうネイティブになった気分で、思ったことを英語にして口にしてみましょう。

最後に

テレビドラマ以外にも、スポーツ中継、通勤通学中の出来事など、いつでもどこでもトレーニングできます

メモをとらないのであれば特に道具も必要ありません。あなたがインプットした英語の知識を存分にアウトプットしてみましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。