\ フォローしてね /

何の用事もない休日の有意義な過ごし方

私も、週休2日で仕事をしていたころは、週末は何か予定を入れないと負け!というような気持ちで、競うように手帳の空欄を埋めていたように思います。

子育て中で専業主婦となった今、何の用事もない暇な一日といったらとても貴重です。何の予定もない!と嬉しくなってしまいます。両方の立場を経験した立場から、何の用事もない休日の有意義な過ごし方をご紹介します。

その1:とにかく休む

休日の目的として、しっかり身体を休めるというのも正しいのではないでしょうか。何かと忙しく活動してしまいがちな人こそ、たまの予定のない休日は徹底的に休むのも有意義な過ごし方だと思います。うんと休んだら、翌週も頑張る気力が湧いてきますよ。

寝る

たまには昼寝もいいものです。携帯もマナーモードにして、外からのアクセスはシャットアウト。昼間から布団を敷いて寝てしまいましょう。

お風呂

昼間からお風呂に入ったことはありますか?お気に入りの入浴剤を入れて、好きな音楽をかけての~んびり。夜の疲れをいやす入浴とはまた違う、リラックスタイムです。

健康ランド

家のお風呂もいいけれど、たまには健康ランドのようなところに行くのもお勧めです。のんびりゆったり、リラックスできますよ。

マッサージ

全身マッサージでも、足のリフレクソロジ―でも、マッサージに行ってみるのもお勧めです。途中でウトウトしてしまうほどにリラックスできます。

その2:やらなくてはいけないことをやってしまう

これは人に寄るかとは思いますが「今度時間が出来たらやろう」と思っていたことのひとつやふたつ、ある人が多いのではないでしょうか。

写真の整理だったり、服の整理だったり、読みかけの本を読破することであったり、撮りためたドラマを観ることであったり。やらなくちゃなぁと思っていたことがひとつ片付くだけで、ちょっと気分がスッキリしますよ。

その3:新規開拓

何も予定がないということは、なんでもできるということです。ぶらりと街に出てみるのもいいものです。予定があって行く時と、何の目的もない時では、同じ街でも見え方が違ってきます。

入ったことのないカフェに入ってみたり、普段行かない場所に敢えて行ってみたり。この機会に新規開拓してみるのも、有意義な過ごし方と言えるでしょう。

おわりに

一日の終わりに、「何の予定もない休日っていうのもいいものだなぁ」と思ってもらえたらいいなと思います。是非有意義な休日をお過ごしくださいね。

(イラストby mimiwa)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。