生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 失敗から学ぶ男女の違い活用法

失敗から学ぶ男女の違い活用法

2013年02月05日更新

 views

お気に入り

はじめに

妻は女性ということを少し考えてみましょう。

結婚すると気兼ねしなくて良いというのは良いことではありますが、お互いを尊重することは大事ですよね。

では尊重するということの基本として、奥さんを女性としてみてますか?これがすごく重要で、やはり男女の違いを知らないと失敗してしまいます。

かくゆう私もよく失敗するので、私の失敗体験をもとにいくつかポイントを挙げていきます。

ポイント

会話編

男性の会話と、女性の会話は大きな違いがあります。男性は何事にも結論を求めるのに対して、女性は共感を求める傾向にあります。なので、共感をしてあげるのが重要です。

会話例

妻「ねぇ、これすごいカワイイと思わない。」
夫「買いたいなら買えばイイんじゃない。」
妻「べつに欲しいんじゃなくて、カワイイなって思っただけよ。」
夫「じゃ、買えばイイじゃん。」
妻「もう、イイ(怒)」

これは、わかりやすいですよね。妻は「カワイイ」というのに共感してもらいたかったので、この場合、「カワイイね。」とか「そうかな~。」とかが正解でしょう。この例だけでなく、男性はついつい結論にいってしまいます。

妻がなにか困ったとか、嫌だったみたいな話を妻がしたとき、「こうすればイイジャン」みたいなことつい言ってしまいませんか?それはそれで良いのですが、順番としてまず。「そうだね。大変だね。」といった共感が先にあったほうが、良いと思います。

「うわ、めんどくさい。」とか思わないで、これを理解しているだけでぐっと良い関係が保てますよ♪

行動編

女性はふとしたことから不機嫌になることがあります。バイオリズム的なものもあるので、それを把握することも大事ですが、女性自身も不機嫌な理由がよくわかってないことがあったります。

いわゆる「なんかイライラする。」ですw

これにはやってはいけない行動があります。「なにをイライラしてるの?」や「こうだから不満なんでしょ?」といった質問や決め付けです。

これはよく失敗しますw 明確な理由もある場合もありますが、なんとなくイライラのとき、こういった行動をとるとさらにイライラとなります。

この場合の正しい行動は難しいので、いくつか例をあげます。

  • 肩をもんであげる → ちょっと疲れてるだけといったとき有効
  • 愚痴を聞く → 気にかかる出来事があった場合有効
  • 一人にさせてあげる → 子供の面倒とかに疲れているとき有効
  • 家事をする → できる場合はw できない人は逆効果w

ケースバイケースなので状況に合わせてチョイスしてください♪

喧嘩編

最後になりますが、どうしても喧嘩することがありますよね。そんなときについやってしまうのが「怒鳴る」ではないでしょうか。手を挙げるは言語道断ですが、大きな声をだしたり、ものにあたったりとかしちゃいませんか?

私はしますw でも、「怒鳴る」も威嚇行為なのでやらないほうがいいです。女性も男性も威嚇行為は反感を買うだけです。奥さんは敵じゃないのですから攻撃して痛めつけても良いことはないのです。勝っても何も残らないのです。

「夫婦喧嘩は犬も食わない」とはよく言ったもので、ストレス発散ならカラオケとか行ったほうがましですよね。

なので、「勝っても意味がない」ことを意識し「負けるが勝ち」とのはどうでしょうか。そこでオススメなのが、「全国亭主関白協会」のコラムなど読んでみてはどうでしょう♪ 関白だから2番目らしですよw

全国亭主関白協会HP
http://www.zenteikyou.com/index.html

本記事は、2013年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る