生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 動物病院へ行く前に確認するポイント

動物病院へ行く前に確認するポイント

2012年08月16日更新

 views

お気に入り

はじめに

人と同じようにペットも病気になりますよね。言葉の話せないペットを救えるのは飼い主です。大切なペットのため、いざというときに慌てないようにしておきましょう。

ポイント1: 動物病院が診療可能かどうか

犬や猫であれば問題ないと思いますが、珍しい動物などの場合はその動物病院で対応できるのかどうかを事前に問い合わせることが大事です。

動物病院によって診療時間や診療曜日は様々なので、必ず向かう前に診療しているのかを確認してください。いざというときのために夜間診療を行っているところも調べておくといいでしょう。

ポイント2: どのような状態(病状)なのか飼い主が把握する

言葉の話せないペットの代わりに飼い主が獣医さんにペットの状態を説明しなければなりません。そのためにも自分で分かる範囲の状態をしっかり把握しておきましょう。

いつから具合が悪いのか、いつどのように怪我をしたのか、えさは食べられているか、元気はあるかなど、飼い主にしか分からないことはたくさんあります。聞かれた際、的確に答えられるようにしておきましょう。

異物の嘔吐や異様な便の場合はそれを動物病院に持参しましょう。その方がより早く病状が判明します。

ポイント3: 費用の準備

動物病院は人と違い保険診療ではありません。全ての金額を飼い主が負担しなければならず、また、自由診療のため高額になる場合もあります。手持ちがなければ、クレジットカードが使えるかの確認を事前に病院へしておくことも重要です。

最近では動物用の保険があります。その保険会社と提携している病院であれば、清算時にその場で使え、加入している保険の負担率の残りを払うだけなので、とても便利です。提携がなくても、後日申請すれば還付される仕組みになっています。保険会社によって負担割合は様々ですので、ペットや飼い主に合わせて選びましょう。

おわりに

動物病院へ行く前に確認するポイントはご理解いただけましたか。ペットは急に体調を崩すことがあったり、ちょっとしたことで怪我をすることがあります。いざというときにしっかり大切なペットを守れるようにしておきましょう。

Photo by 著者

この記事で使われている画像一覧

  • 20110223220349

本記事は、2012年08月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る