生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 新宿から横浜へ電車で行く方法

新宿から横浜へ電車で行く方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

都内から気軽に行けて楽しめる観光スポットとの1つとしてあげられる、横浜。反対に、横浜に住みながら、都内の職場や学校などに通っている方々もたくさんいらっしゃいます。

今回は、特に横浜と新宿にスポットを当て、新宿から横浜への最も楽な行き方と最も安い行き方をご紹介します。

最も楽な行き方はこれ!

ズバリ、"湘南新宿ライン"に乗ってしまうことです。乗り換えなしの1本で新宿から横浜に行くことができます。湘南新宿ラインは、横須賀線・東海道線から新宿を経由して宇都宮線・高崎線へと直通する電車です。

特別料金なく乗車可能で、東海道線の平塚、国府津、小田原などに直通している列車もあるため、神奈川県を横断する形となり、多くの通勤客などに利用されています。グリーン車に乗る場合は、グリーン券が必要です。

北は埼玉県の大宮、南は神奈川県鎌倉市の大船駅までの路線で、新宿から横浜の間の停車駅は、新宿、渋谷、恵比寿、大崎、西大井、武蔵小杉、新川崎、横浜です。新宿から横浜までが、わずか6つの停車駅で到着します。

【新宿から横浜まで】
所要時間:31分
運賃:540円
新宿から乗るなら:南口からが近い

湘南新宿ラインができるまでは、JRでは新宿から山手線で品川まで行き、東海道線に乗り換え、横浜までというのが一般的でした。この場合、乗り換え時間考慮なしで35分。実際は乗り換えでもう少し時間がかかります。

最も安い行き方はこれ!

新宿から横浜に行く方法は、実は何通りもあります。JRといくつかの私鉄を組み合わせたり、乗り換える駅が変わることなどによる為です。その中でも、東急東横線を利用するのが一番運賃が安いと思います。

行き方は、新宿から山手線に乗り、渋谷に行きます。JRの改札を出て、東急東横線に乗り換え、横浜まで1本です。乗り換えは1回増えますが、運賃は安いです。

【新宿から横浜まで】
所要時間:39分
運賃:410円
渋谷から乗るなら:南口か中央改札が近い

渋谷での乗り換えに近い場所については、乗っている山手線の場所にもよるのですが、一般的に南口か中央改札が近いです。

次点

埼京線+京急

埼京線で新宿から大崎、山手線に乗り換えて品川。京浜急行に乗って、横浜というコースは、JRと私鉄の京急を使っていますが、乗換えが2回になっていて、その分時間も45分近くかかります。運賃は、480円ですので、安い方です。

この他にも京急を使う場合は、新宿から大江戸線に乗り、大門で都営浅草線に乗り換え、京急と連絡する泉岳寺で乗り換えて、横浜という方法も考えられますが、時間も50分くらいかかり、運賃も560円に上がってしまいます。

値段を少しでも抑えたいなら、埼京線+京急もありうるともいますが、時間や運賃の数十円の差を考えるなら、湘南新宿ライン、この行き方より、時間も短く運賃も安い東急東横線がいいかもしれません。

おわりに

やはり、湘南新宿ラインは乗り換えもなく行けるので、一番楽ちんです。ただ、山手線のように2,3分間隔で発車しているわけではないので、時刻表の確認が必要です。

ちなみに、著者は東急東横線を利用することが多かったです。時間帯にもよって、一番よい方法は変わってくることもあると思いますので、余裕があれば、駅探Googleトランジットなどで調べてみてください。

Photo by 雪の大宮駅 By.norio.nakayama

この記事で使われている画像一覧

  • 20110226060037

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る