\ フォローしてね /

ヘルシーなのにボリューム感たっぷり!小松菜ドームの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

野菜たっぷりで、消化吸収の良いメニューの「小松菜ドーム」の作り方を、ご紹介します。

見た目にボリュームがあり、食べ応えがあるものの、とても消化が良くて、とってもヘルシーです。ちなみに小松菜は、たっぷりと使用します。

材料(1~2人分)

  • 小松菜 1~2把(多めに使用)
  • 卵 2個(4個にすると、オムレツ風に近くなります)
  • 貝柱のほぐしみ 1缶
  • 塩 ひとつまみ
  • しらす 大さじ1杯
  • 溶けるチーズ 10~20g(スライスチーズ数枚でもOK)
  • しょうゆ 少々
  • オリーブオイル 大さじ1~3杯(小松菜の量に合わせます)
  • 岩のり 適量(のりの佃煮)
  • かつおぶし 適量
  • タバスコ 数滴(お好みで)

作り方

STEP1:下ごしらえ

小松菜を水洗いしてから、「葉っぱ」と「茎」の部分に切り分けておきます。

「葉っぱ」の部分は、ザックリと4~5等分間隔で切っておきます。

「茎」の部分は、1cm~2cmに切っておきます。

STEP2:小松菜の茎を炒める

フライパンに小松菜の「茎」を入れて、オリーブオイルをかけます。茎とオリーブオイルが、からまるように、菜箸やヘラで、かきまわします。塩を、ほんのひとつまみ、ふりかけます。強火で炒めます。

STEP3:貝柱を混ぜる

貝柱のほぐしみの缶詰を開けます。ここでは水分を切ります。缶のフタを軽く開けて、貝のほぐしみがこぼれないように注意して、水分を切ります。

貝柱のほぐしみをフライパンに入れます。強火のままで、少し、かき混ぜてから、中火にします。

STEP4:岩のりを混ぜる

中火のまま、岩のりを、小さじ1杯ほど加えて、混ぜます。

STEP5:葉を炒める

小松菜の「茎」と貝柱のほぐしみを、フライパンの端のほうへ寄せて、中央部分を空けます。中央部分に「葉っぱ」を入れて、強火にして2分ほど炒めます。

STEP6:玉子を入れる

いったん弱火にしてから、玉子を入れます。かきまぜません。

STEP7「しょうゆを加える

玉子の白身に、しょうゆを加えます。

STEP8:しらすを加える

玉子の白身に、しらすを加えます。

全体をかきまぜて、中火で炒めます。

STEP9:形を整える

フライパンの中で、ヘラを使って、形を整えます。

STEP10:チーズをのせる

頂上部分にチーズをのせます。チーズをのせたら弱火にしてフタをします。

フタをすることで、じんわりとチーズを溶かします。

STEP11:盛り付ける

お皿に盛り付けます。

STEP12:かつおぶしをふりかける

かつおぶしをふりかけます。

STEP13:タバスコをかける

タバスコを、チーズの部分に軽く、ふりかけます。これで完成です。

おわりに

夜食やダイエットにもオススメです。玉子の個数を増やすと、オムレツ風に近くなって、黄色く、まんまるドームになります。パーティーメニューにもオススメです。

(Photo by 水風 島)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。