\ フォローしてね /

獣医さんへ猫を連れて行く時に大切な3つのこと

猫を獣医さんへ連れて行くことになった時、飼い主が注意する点を3つあげます。

連れて行く前に1本電話

怪我などの緊急の場合はもちろん、予防注射の場合でも獣医さんに連絡を取っておくとよいです。混雑した獣医さんで長時間にわたって診察の順番を待つことは猫にとっては非常に負担がかかります。

電話で連絡を取る際には、緊急であるのかそうでないのかを伝えます。場合によっては簡単な聞き取りの問診を行う場合もありますので、連れて行く猫の様子をきちんと把握してから連絡しましょう。

生死にかかわる場合

交通事故など生死にかかわる場合は、連絡を取ってから連れて行くと順番待ちせずとも診察が受けられる場合があります。また自分が待っている時にそうした患畜さんが来院した場合には、快く順番を譲ってあげてください。

猫は必ずキャリーバッグに入れる

家では大人しくおっとりした猫でも、環境が変われば豹変します。獣医さんの待合室には出会ったことのない動物たちがたくさんいることはあたりまえで、猫は大変興奮します。

脱走防止のためにも、また少しでも猫が落ち着ける場所を確保するためにも必ずキャリーバッグに入れましょう。猫は泣き喚きますが猫のためを思い、ここは心を鬼にしてください。

緊急でキャリーバッグが用意できない時

きちんとフタや扉が閉まるキャリーバッグがない場合は、猫よりも少し大きめの洗濯ネットに猫を入れ、そのまま箱などに入れて連れて行きましょう。

粗相をしてしまう猫もいますよ

慣れない環境、そして診察時に知らない人に体を触られることで極度の緊張と恐怖に陥った猫は粗相をしてしまう場合があります。獣医さんでは別段珍しいことではないので、待合室で粗相をしてしまった場合は受付の方に伝えて処理の仕方を教えてもらいましょう。

行き帰りの車の中などで粗相をしてしまう場合も考えられますので、キャリーの中にはペットシーツを敷いておき、予備のペットシーツやタオルなどを持って行くとよいですよ。

おわりに

猫を飼うことになった時には、獣医さんがどこにあるのかを把握しておきましょう。また、かかりつけの獣医さんを持つと、猫の病歴や投薬歴がきちんと記録されているのでいざという時には頼りになりますし、ちょっとした相談もしやすいものです。

Photo by 筆者

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。