\ フォローしてね /

お世話になった方への内定報告の仕方と伝え方

就職内定おめでとうございます。皆さんの努力が報われて本当に良かったですね。

内定をもらえるまでには、家族・友人・親戚・OB・OGの方々の励ましもあったからこそ頑張れたのだと思います。

お世話になった方々への感謝の気持ちを、どのように表現すればいいかと言う事を、考えて行かなければならないと思います。

内定報告のお礼を伝える事で、やっと全ての就職活動が終わるものだと思います。

報告にはメール・電話・手紙とあります。それぞれの報告の仕方も変わってきますので気をつけましょう。

ポイント1: 形式

手紙の場合

文章の頭を揃えて書く事、です・ます調で書く事、一文字あけて、さて・実は・ところでと言った起こし言葉を本文に入れる事。

ご多忙の所からは末文になり、本文とは行を変えて一文字あけて本文の用件をしめる言葉で書くことです。

拝啓で始めた場合は敬具でとじ、前略での場合は草々で閉じましょう。

電話の場合

自分の大学・学部・学科と名前を先に述べることです。

ポイント2: 文面

季節の挨拶・お世話になった内容を簡素に述べ、その行為に対してのお礼を述べ、就職内定が決まった事をハッキリと伝えることです。

近いうちに直接お礼に伺いたいとのこと、今後の抱負・指導をお願いする一文添える事です。

ポイント3: 伝え方

OB・OGの場合

先輩の活躍をしている事、先輩の配慮のお蔭・アドバイス通りに面接が進んだお蔭で、自分なりに対策を立てる事ができたことを伝えること。

入社後も先輩のご指導をいただきながら働きたい事、未熟な私ですがこれからも宜しくお願いしますと伝える事です。

この先も一生懸命に働きたい事をアピールする事もいいかもと思います。

縁故紹介者への場合

電話で伝える時は、私~に紹介していただいて~会社を受験させていただきました~です。~様でいらっしゃいますかと最初に自分から名乗る事です。
お力添えしていただきましたお蔭で、本日内定の通知を頂いた事を伝える事です。

~様のご尽力のお蔭だと云う事、家族の者からもくれぐれもよろしくとのことを伝える事です。

改めて挨拶に伺う事、まずは取り急ぎ電話で報告をと伝えることです。

おわりに

内定通知をもらった時は、当日に人事・採用担当者の方へ入社希望の意志と感謝の気持ちを一番に伝えましょう。

担当者の方も多忙なことでしょうからスケジュールを聞いておくことがいいでしょう。

本当にやりたかった職業ではない方もいることでしょう。何社も受けてやっと受かったから、頑張らなければと気持を前向きにと思う方もいるでしょう。

どんな仕事でも必要とされているからこそ、内定が決まったのですか自信を持って下さい。

今の気持ちを忘れず、感謝の気持ちを持ち続けて下さい。大変な努力で勝ち取った事を思い返す事で、心が折れた時に頑張ろうという気持ちになれるかもと思います。

この厳しい世の中で、やっと勝ちとった内定通知は喜びもひとしおだったことでしょう。

入社するまで気を抜かないようにしましょう。それまでは何事も起きない事を願っています。

photo by名刺by.写真素材足成

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。