生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 妻にあきられないようにするための心得3カ条

妻にあきられないようにするための心得3カ条

2012年07月25日更新

 views

お気に入り

はじめに

私は以下の3つを気を付けることで、奥さんに飽きられないように努めています。特別なことではありませんが、ベーシックな考え方として、このたびレシピ化してみました。

このエントリーは男性側からの目線です。

月に1度は外で食事をしよう

家にいると多くの男性はスイッチを切ります。つまり、奥さんが好きだった頃のスイッチオンなあなたは、夫婦生活が長引くほどに霞んでいくのです。

これは問題です。

家でスイッチオンができればいいのですが、そんなに器用なことはできません。月に1回でいいので、外へ食事にいくとよいでしょう。

日中に映画や買い物に出かけることも大事ですが、夜に2人でお酒を飲んだり食事をしたりする時間が重要です。別に気取る必要はありません。特別ムーディーである必要もありません。

ただ、こうした外の空間で見せる顔や会話を夫婦間でも時々みせることによって、鮮度が保たれます。

お店を一緒に探してみましょう

いわずとしれた口コミグルメサイトです。いろんな口コミをみながら、お店を一緒に決めるのもいいですね。

ちょっと特別な日に使いたいレストラン予約サイトです。たまには背伸びも大事です。

3か月に一度でいいから食事を作る

もしかしたら、あなたは毎日食事を作っているかもしれません。ただ、私のように料理が全然作れずにいつも奥さんに頼りっきりになっている男性は多いでしょう。

美味しい食事が毎日食べられることは、当たり前ではありません。料理は重労働ですし、日々メニューを考えるのも苦労しています。

3か月に1度でいいので、あなたが料理をふるまう日を作ってみましょう。上手である必要はありません。へたくそで笑いがおきるのも一興です。

大事なのは「日々感謝しているということ」が奥さんに伝わるかどうかです。

料理を始めてみよう!

簡単なところから始めるといいと思います。

記念日なんかにはちょっと気合いをいれるときがあってもいいですね。

経験からいって、男子ごはんのレシピは文句なしに美味しいです。ケンタロウ氏はすごいですね。

ゼロから共通の趣味をつくろう

すでに共通の趣味がある人は、それを共有する喜びを知っていることかと思います。今回は「ゼロから共通の趣味を作ること」をおすすめします。

たとえば、一緒にランニングをする。一緒に舞台をみにいってみる。写経に挑戦してみる。競馬にいってみる。

なんでもいいので、2人でゼロから始めます。できればどちらも体験したことのない、未知のものが楽しめるでしょう。

仕事の話や共通の知人の話、自分の趣味の話や相手の趣味の話など、夫婦の話題はたくさんあると思います。

ただ、2人だけで生み出した共通の話題は非常に価値があります。これも鮮度を保つ秘訣です。

新しい趣味の例

たとえば、こんなものを二人で初めてみてはいかがでしょう。

競馬も最近は夫婦や家族で楽しめるようになりました。

最近はやっているクライミングなどはどうでしょう。

サーフィンをやるには「海にいく」というちょっとした旅行感もあるのでいいですね。

おわりに

奥さんに飽きられないようにする方法は他にもたくさんあると思いますが、

  • 感謝をきちんと表現すること
  • 日常にあぐらをかかないこと
  • 2人で楽しめるものを作ること

これらは、汎用性が高いと思います。何十年も楽しく連れ添うために、今日から意識してみてはいかがでしょうか。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100513171721

本記事は、2012年07月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る