生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 息子の嫁と結婚前に話しておくべきこと

息子の嫁と結婚前に話しておくべきこと

2011年02月25日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

新しい家族として迎える息子さんのお嫁さん。出来れば末永く仲良くやっていきたいものですよね。

そこで今回は『息子の嫁と結婚前に話しておくべきこと』をいくつかご紹介します。是非参考にして頂き、いつまでも気持ちよく良い関係が保てると良いですね。

感謝の気持ちを伝える

まずは、息子さんを選んでくれたこと、そして自分の家族の一員になってくれることに歓迎の意を表し、感謝の気持ちを伝えましょう。

大切に育ててきた息子さんをなんだか盗られたような気持ちになり、今は寂しい気持ちもあるかもしれません。

しかし、自分と同様に息子さんのことを大切に思ってくれる女性がいるということだけで素晴らしいことだと思いませんか?

結婚とは奇跡のようなご縁です。世界でたくさんの人がいる中で、息子さんが愛し、そして息子さんを愛してくださる女性が現れたのです。

その出会いに感謝し、是非温かい言葉を掛けてあげましょう。もし、そんな言葉掛けが照れてしまうようなら、お手紙でも良いでしょう。

  • 『息子を選んでくれてありがとう』
  • 『我が家の嫁としてきてくれることに本当に感謝します』
  • 『あなたのような素敵な女性と家族になれることを幸せに思います』 など、声をかけてあげれば、お嫁さんの緊張もほぐれますし、きっと新しい家族として気持ちの良い関係をスタートすることができるでしょう。

必ず守って欲しいことがあれば伝える

各家庭ではそれぞれルールというものが存在します。それはあからさまに決められたものではなくても、なんとなくそんな風に決まっているということもありますよね。

しかし、まだまだ結婚前ですので、伝え方には注意が必要です。最初から『あれは駄目、これは駄目』『嫁としてこうしなさい!』と伝えるのでは角が立つこともあるでしょう。

【絶対に守って欲しいこと】があれば、その項目だけしっかり伝えておきましょう。

  • 『お盆と正月は必ず家族が集まるのよ。忙しいかもしれないけど、我が家の恒例行事だから、その時ばかりは必ず予定を合わせて欲しいの。』
  • 『おせちは必ず○○家の女性が一同に集まって一緒に作るのよ。今年からは一緒に作りましょうね。』
  • 『この着物は代々うちに嫁いだ女性が受け継いでいるの。いつまでも大切に保管してね。』

そして、角が立たないようにするためには、息子さんにも同席してもらうことをお薦めします。息子さんからフォローの一言を言ってもらったり、場を和ませる仲介役を務めてもらえると良いでしょう。

 これからの関係性をよりよいものにするために一言加える

結婚前に伝えられることは本当に限られていることでしょう。伝えたいことは山ほどあるかもしれませんが、『結婚してから順を追って伝えれば良い』と思われる方も多いのではないでしょうか?

そこでお薦めなのが、最後に
- 『これから色々と大変なこともあると思うけど、あなたを自分の娘だと思って仲良くやっていきたいから、どうぞ宜しくね』
- 『何か辛いことがあったら遠慮なく言ってね』
- 『きっと慣れないことも出てくると思うけど、何でも相談に乗るから一緒に頑張っていきましょう!』
などと伝えることです。

あくまでお互い元は他人同士ですし、年代も育った環境も異なりますので、必ずすれ違いや衝突はあるものです。

しかし、それでも相手を大切に思う気持ちを常に表現できていれば必ず乗り越えられるはずです。

そして、お嫁さんもあなたの娘として、息子さんの嫁として嫁ぐ覚悟と責任感をしっかり感じ、気持ちを受け止めてくれるはずですよ。

おわりに

いかがでしょうか?昔から嫁・姑の関係は難しいと言われていますが、価値観が違うのは当たり前、問題はそれでも仲良くやっていきたい気持ちを表し合えるかです。

是非結婚前に気持ちよい言葉を掛けてあげて、素敵な関係を時間をかけて築けると良いですね。

Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110224225724

本記事は、2011年02月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る