生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 大河ドラマで日本史を楽しく学ぶ方法

大河ドラマで日本史を楽しく学ぶ方法

2011年02月24日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

小学校~高校生の頃、時折社会科や歴史の先生が「この大河ドラマは良いから、見ておくといいよ」と勧めてくれました。

NHKの大河ドラマはフィクションなども交えてありますが、歴史上の偉人や出来事を取り上げてドラマにしていて、日本史を楽しく学上ではよい教材になるのではないかと思います。

ポイント1: 多数の大河ドラマがすでに放送されている

1963年の井伊直弼を主人公にした「花の生涯」から現在まで、平清盛まで51本の大河ドラマが放送されています。

大河ドラマは教科書ではないのでフィクションも混じっていますが、大筋の流れは歴史と符合するように作られています。また教科書と違い、視聴者が見てくれるように作っているので興味を抱きやすい話の流れになっています。

ポイント2: 当時の出来事や、事件人物が深く描かれている

大河ドラマは一年かけて放送するものなので、当時の様子が詳しく描かれています。イメージがつかめるので、記憶に残りやすいです。

数行で言葉だけで書かれた教科書や年表でイメージを描き、映像記憶するのは難しいことです。大河ドラマはフィクションも交えられているが、少なくともイメージは沸き、気になったシーンなどの映像が記憶に残りやすいです。

ポイント3: 総集編をまとめてみることもできる

毎週放送分の完全版をみることもできますが、総集編なら13時間程度で見られます。1980年以降のものはほとんどがDVD化されていて、総集編で何本もの大河ドラマをみることができます。

1980年以前のドラマも、総集編のみDVD化されている作品がいろいろあます。放送中で視聴率が高かった1放送分だけが残っており、DVD化されたりNHKアーカイブスで見ることができるものもあります。

アマゾンなどでもDVDが発売され購入できます。

ポイント4: 同じ人物がいろいろな角度で描かれている

ドラマなので同じ人物でも、主役か脇役かで描かれ方が異なります。

何度も主役で取り上げられる人物もいますが、演出などにより描かれ方が異なります。いろいろな側面から見たり考えたりできます。

おわりに

時折、遠い昔に見た大河ドラマがスカイパーフェクトテレビなどで放送されて、子供だった当時は理解できなかった歴史上の出来事や、誰なのかわからなかった人物などが描かれ、大河ドラマは奥が深いなと思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110222202247
  • 20110222202447
  • 20110222202714

本記事は、2011年02月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る