生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ネットで英語の記事を読むときに抑えておきたい英語翻訳ツール3選

ネットで英語の記事を読むときに抑えておきたい英語翻訳ツール3選

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

英語の勉強法を書いてAmazon券をもれなくゲットしちゃおう!
[投稿コンテスト] あなたなりの「英語の勉強法」をおしえてください! | nanapi[ナナピ]

はじめに

インターネットでは英語の記事が多いとされています。調べ物などをする際に英語の記事にぶつかった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

日本のサイトに出ている時点で古い情報というのはたくさんあります。英語が読める人が多くなってきた今、海外の情報を一切読まないビジネスマン、というものの価値が減ってきてしまっているかもしれません。

しかし、英語が苦手な人がいきなり読もうと思ってもなかなか難しいものがあります。だからといって英語を勉強するのも時間がかかりすぎてしまいますね。

そこで、英語が苦手な人でもなんとかなる方法を紹介します。

その1:キングソフト辞書を使う

オンライン辞書&オフラインの電子辞書が完全無料「キングソフト辞書」

キングソフトというところが出している「キングソフト辞書」というソフトがあります。これは無料の割にかなり使えるソフトなのです。

上記ページからインストールをすると以下のような画面になります。

これが終われば、インターネットを見ている時に「CTRL」キーを押しながら、右クリックを押すと、以下のようになります。(Internet Exploreを利用)

その2:POP辞書を使う

POP辞書.com - Bookmarklet

POP辞書というサイトも便利です。

これはブックマークレットと呼ばれるものを使います。指示されたリンクをブックマーク(お気に入りのこと)に入れておいて、使いたいページを見ている時に、そのお気に入りをクリックすることで翻訳するモードにしてくれます。

STEP1

このように、用意されたリンクの上で、右クリックを押し、「お気に入りに追加」を押します。

STEP2

こんな感じです。するとお気に入りに追加されます。

そして、英語のページを見ているときに、今登録したお気に入りのリンク(英語の場合は、「ページヒント 英語→日本語」となっています)を押します。

STEP3

こんな感じで、上部にPOP辞書がでてきますその状態で、英語の単語の上にカーソルをあわせると

このような形で単語で出てきます。

その3:アルクを使う

英語の構文がどうしてもわからない、というケースありますよね。単語の翻訳ではイマイチ意味が捕りきれないときがあります。

そういう時は、アルクというサイトが便利です。

地球人ネットワークを創るアルク:スペースアルク

構文ぽいものを入れると、以下のように例文が大量にでてきます。

かなりのいろいろな構文が載っているので、似たものを見つけて意味が取りやすいでしょう。

おわりに

というわけで、英語が苦手でもサイトやソフトを駆使すると以外となんとかなるものです。

みなさんもガンガンと使ってみてはいかがでしょうか!

PR

イーオンなら、予算1万円以内で英会話が驚くほど上達できる!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100511141951
  • 20100511142757
  • 20100511143200
  • 20100511144256
  • 20100511144449
  • 20100511144601
  • 20100511144643
  • 20100511144857
  • 20100511143819

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る