生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 少しの工夫で絵が上達する5つのコツ

少しの工夫で絵が上達する5つのコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

続けてこそ、芽が出て、葉が出て、花開く!

イラストは、1枚〜、2枚〜と書き続けましょう。

あたりまえですが、最初は1枚でも多く描くことが上達の基本です。

上達する5つのコツ

その1 「最後まで描く」

失敗したからと途中でやめず、ともかく1枚ずつ仕上げていきます。

そうすることで、描きあげる自信がつくとともに、全体像がつかめ、上達の段階も自分でチェックでき、ますます絵がかきたくなります。

その2 「影をつける!」

影をつけるだけで絵が立体的になり、上手にみえます。

その3「メインと背景で色のメリハリをつける」

同系色を使わないことで、やはり絵が立体的に見えます。

その4「1枚はがき大の絵を書き続ける」

1枚はがき大の絵=絵手紙などを描き続けることで、自然に観察力が養われ、線も確かになってきます。

その5「画面が移り変わるものを見てクロッキーをする」

1日10分とかテレビを見ながらクロッキーをしてみましょう。

画面がどんどん移り変わるので、大事な線はどれかという選択や全体像を一瞬にしてとらえることに慣れてきます。

最大のポイントは、楽しんで描く!

絵を上達させるには、まずは、あれこれ悩まずに、楽しんで1枚描くことが重要です。1枚目がなければ2枚め、3枚めもありません。
人生の時間は1秒でも大切、楽しい時間が多い人生ほど、ハッピーです。しかも、絵も上達するなんて、一石二鳥ですよね.
私は、食べたものなどを1日1枚のハガキ絵を描いていた時期がありましたが、短期間で我ながら上手になりました。

毎日1枚ブログなどで公表するなど、ノルマを決めて数を描くのも短期上達法のひとつです。Eeveyone Enjoy!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100514144533
  • 20100514144209

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る