生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 小学生でも出来る「カステラ入りチョコボール」

小学生でも出来る「カステラ入りチョコボール」

2011年02月22日作成

 views

お気に入り

簡単なのに美味しい可愛い!バレンタインやおやつにどうぞ

小学生の娘と作った、バレンタインチョコのレシピをご紹介します。面倒な計量も、温度調節も不要。火も使わないので、小学生でも自分で作れちゃいますよ。

材料 (約25個分)

  • 板チョコ 4~5枚
  • 生クリーム 大さじ2
  • 市販の鈴カステラ 20個くらい
  • アラザンなど飾りつけるもの
  • お弁当用のピック 25個 ##「カステラ入りチョコボール」の作り方

STEP1: カステラを細かくつぶす

ボウルに入れて、鈴カステラ全量をつぶします。簡単に粉々になります。

STEP2: チョコレートと生クリームを入れる

砕いたチョコレートを耐熱ボウルに入れて、電子レンジで様子を見ながら溶かします。チョコレートの分量は2分の1枚~1枚くらいの間で、好みで加減してください。

溶かしたチョコと生クリームを、つぶしたカステラに混ぜます。ぽろぽろの状態(手で丸められるくらい)になればgoodです。

STEP3: 丸めてピックを刺す

カステラを手のひらで丸い形に作っていきます。STEP2でチョコレートの分量を多めにした場合は、冷蔵庫で5分冷やしてから丸めると、きれいにできますよ。丸めたら、可愛いピックを刺しましょう。

STEP4: 冷蔵庫で30分冷やす

コーティングするときに形が崩れないよう、しっかり冷やして固めます。

STEP5: 残りのチョコレートを溶かす

残りの分量のチョコレートを細かく砕き、耐熱ボウルに入れて、「電子レンジで1分→上下を返すように軽くまぜる→電子レンジで1分」を繰り返し、とろとろに溶かします。

STEP6: チョコレートでコーティングする

冷蔵庫で冷やしておいたカステラを、チョコレートにくぐらせてコーティングします。

くぐらせただけではチョコレートがたくさんついてしまうので、ゴムベラやスプーンで表面をやさしくなでて余分なチョコを落としながらコーティングするとよいです。多少跡がついても、出来上がり写真のようにきれいにできます。

コーティングが少し難しいので、自信が無い方は、溶かしたチョコをスプーンですくって、カステラの上からかけるようにしましょう。隙間が開いたところにスライスアーモンドを貼ると、お洒落に仕上がりますよ。

STEP7: 飾り付けをする

いよいよ楽しい飾りつけです。ここで注意したいのは、「アラザン」「ココナツ」などの細かいものは、コーティングのチョコが固まる前につけなければならないことです。

「チョコペン」なら、コーティング後にゆっくり飾りつけができます。「マーブルチョコ」「アーモンド」などの大きめのものは、チョコペンを接着剤にしてつけることができます。

STEP8: 冷蔵庫で1時間冷やす

完成!

鈴カステラの代わりに「抹茶」「ココア」など好きな味のカステラを使ったり、生クリームの代わりに「リキュール」を使ったり、バリエーションを楽しんでくださいね。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110221003519
  • 20110221184555
  • 20110221184636
  • 20110221184728
  • 20110221184915
  • 20110221184950

本記事は、2011年02月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る