生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ふっくらおいしいご飯を炊く方法

ふっくらおいしいご飯を炊く方法

2011年02月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

最近は、炊飯器の性能がとても良くなり、スイッチ一つで、プロのようにおいしいご飯を炊けるようになりました。

でも、もっとおいしくご飯を炊くために、もう一工夫してみるのはいかがでしょうか?お米の研ぎ方一つでも、ずいぶんと違ってきますよ。

基本のお米の研ぎ方

STEP1 手早くすすぐ

まず、最初に水をたっぷりと入れ、すぐに流します。この最初の水には、ぬかや、米の表面に付いた汚れがたっぷり流れ出ています。

お米は、水に漬けた瞬間から水を吸います。ぬかや汚れたっぷりの水を吸ってしまうと、せっかくのお米の味や香りが台無しです。最初の水は、とにかく手早く流しましょう。

STEP2 優しく研ぐ

最近のお米は、精米技術が進んでいるので、力いっぱい研ぐ必要はありません。あまり力を入れて研ぐと、お米がキズだらけになってしまいます。

優しく、サッと研ぐだけで大丈夫です。少しくらい、とぎ汁がにごっていても大丈夫。あまり神経質に研ぎすぎないようにしましょう。3~4回で充分です。

STEP3 浸水する

お米を研いだら、分量の水を入れて、夏なら30分程度、冬なら1時間程度浸水しましょう。

お米にしっかり水を吸わせることで、よりふっくら感が増します。

ちょっと一工夫

お酒を入れる

炊飯器のスイッチを入れる前に、少しだけお酒を入れると、炊き上がりの香りも良いですし、ふっくらと炊き上がります。

料理酒でも良いですし、香りを楽しみたい方は、普段呑んでいる日本酒を少し入れても良いですよ。

おもちを入れる

これは、番外編ですが、ご飯を炊く際に、おもちを一緒に入れて炊くだけで、簡単におこわができてしまいます。

炊き込みご飯のように、調味料と具材を入れ、米2合に対して、おもちを一個、入れて普通に炊きましょう。炊き上がりによく混ぜれば完成です。

簡単に、もち米のようなモチモチした食感を楽しむことができ、家庭でご飯を食べる楽しみが増しますよ。

おわりに

インフレが進み、野菜や調味料の価格が高騰する中で、お米は値段が変わらず、むしろ、安くなっている傾向があるそうです。

家計のためにも、日本の自給率アップのためにも、健康のためにも、おいしいふっくらご飯を炊いて、毎日食べましょう。

(photo by 足成 ご飯 いしだひでヲ)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110222102603

本記事は、2011年02月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る