\ フォローしてね /

目に映ったものを英単語にしていくだけの簡単英語勉強法

クイズ感覚で考えてみよう

とにかく「目に映ったもの」を英単語にしていくだけの英語の勉強の仕方です!
クイズ感覚で、なるべく短時間に答えてみましょう!

例えば、朝の通勤途中に目に映るこんなものを英単語にしてみます。
その時に、なるべくスペルも考えてみてください。

1.信号・・・Signal
2.横断歩道・・・Crosswalk
3.時刻表・・・Timetable
4.地下鉄・・・Subway
5.広告・・・Advertisement
6.新聞・・・Newspaper
7.ケータイ・・・Cellular phone
8.階段・・・The stairs
9.ビル・・・Building
10.自動販売機・・・vending machine

こんな具合です。広告や自動販売機は一瞬ではわからなかったりしますが、他のものは結構簡単な英単語だと思いませんか?

気になったらその場でメモor調べてしまいましょう!

この「目に映るものを英単語に」をクイズ感覚で習慣にしていると、「あれ?これは英語で何て言うのかな?」と疑問に思うものも沢山出てきます。
そんな時は、とりあえずケータイのメール新規作成画面などにメモするか、その場でケータイでインターネットを利用して調べてしまいましょう。

ケータイの機種によっては、翻訳のアプリケーションが付いているものもあるかもしれません。インターネットを利用して調べる時に利用した翻訳サイトはブックマークしておくと次回以降利用する時に便利ですよ。

毎日目にするものでも、毎回英単語にして復習に☆

最初に挙げた、通勤中に目に映るものもそうですが、劇的な日々を送っていない限り、たいていの人は毎日同じものを見ることになりますよね。その場合でも、見るたびに英単語にしてみてください。

時には「あれ?前に調べたのに忘れちゃった!」なんてこともあります。そんな時は、「あいうえお順」など自力で思い出すか、あるいはもう一度調べて「あぁそうだった、そうだった!」と分かれば、気分もスッキリしますし、これが復習にもなります。

身近にあるものほど英単語にできない!?

よく使う身近にあるものなのに、すぐに英単語にできないものもあると思います。そんな時は、とことん調べるのを楽しんでください。例えばこんなものたち。すぐに英単語にできるあなたはカッコイイ!?

1.爪きり・・・Nail clipper
2.制汗剤・・・Antiperspirant (Deodorantは消臭の意)
3.掛け布団・・・Comforter
4.絨毯・・・Carpet
5.ゴミ箱・・・Garbage box (Dust boxのDustはホコリの意)
6.お財布・・・Purse
7.健康保険証・・・Health insurance certificate
8.手帳・・・Schedule pocketbook
9.急須・・・Teapot
10.まな板・・・Cutting board

参考サイト

photo by 足成

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。