生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 犬を飼うときあると便利なグッズ5選

犬を飼うときあると便利なグッズ5選

2011年02月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

犬を飼うことになったとき、最初に揃えなければならないグッズはいくつもあると思います。犬用トイレやトイレシート、餌入れに水入れ、リードやカラー(首輪)などです。

上記に列挙したような犬を飼うための必需品についてはご存知の方も多いと思いますので、今回は必需品ではないものの、あると便利な犬のためのグッズを5つご紹介したいと思います。

カドラー(犬用の寝床)

ゲージを用意しても忘れがちなカドラー。犬用の寝床のことです。カゴ状になったものや、クッション性のもの、周りが丸く囲まれているものなど様々なタイプが出ています。

犬が通常生活する場所は、家族が集まる場所がいいので、リビングなどに似合うものを購入するといいと思います。また、大きさも犬に合わせて選んであげてください。

カドラーを破壊するなどして、誤飲してしまう事故もありますので、丈夫なものを購入すること、最初のうちは人間が監視して使い方を指導してあげることが必要です。

慣れてくると自分の居場所として認識できるようになり、外泊の際などにも一緒に持っていってあげることで犬が安心して眠れるようになります。

DOGSIGN デニムスクエアカドラー Mサイズサックス A2103-0005-02
囲まれているので、犬が安心できます。

おやつを入れられるおもちゃ

遊ぶだけのおもちゃもいいのですが、おやつを入れられるタイプのおもちゃをひとつ用意しておくと何かと役に立ちます。たいていの犬はおやつが好きなので、これを与えることで、お留守番の指導やしつけに利用します。

おやつをそのままあげるとすぐに食べ終わってしまいますが、おやつを入れられるおもちゃの場合、ある程度時間をかけて食べることができるため、食べすぎを防ぐこともできます。

誤飲しない大きさを選ぶこと、ある程度噛んでも壊れないことを確認してから与えるようにしてください。

パピーコング S
子犬用や成犬用、固いタイプなどがあるので、愛犬に合わせて選んであげてください。

ひえひえマット

犬種にもよりますが、たいていの犬は寒さよりも暑さに弱いことが多いです。特に日本の夏は高温多湿で人間にとっても過ごしにくいですよね。

犬が自分で乗り降りできるタイプなので、冷えすぎることもないですし、敷いておくだけで周囲よりも冷たくなるマットは用意しておくといいと思います。

最初のうちは、警戒して上に乗らない犬もいますので、おやつなどを活用して教えてあげてください。

冬場には、あたたかくなるマットもあると便利です。著者のオススメはひえひえもあたためもコンセントのいらないタイプです。コンセントはいたずらしてしまう犬もいるので、できればコンセントのないタイプをオススメします。

ペット用冷却マット 新ケーナインクーラー SKKNC10 メテックス

消臭スプレー

犬を家族に迎えてすぐは、やはりトイレの失敗があると思います。特にラグマットやカーテン、タオルの上などフカフカしたものの上に犬はおしっこしてしまいがちです。

もちろんすぐに洗濯すればニオイはほとんど消えますが、ラグマットなど大きなものはそう毎日洗濯できません。

そんなときに役に立つのがこの消臭スプレー。犬用のものを選べば、消臭成分も犬に合わせてあるので、ニオイが残りにくく、使用前後での違いは大きいです。

犬との生活ではニオイ対策も重要です。家にニオイが染み付く前に早めの対策が重要です。

ペットキレイ ペットキレイオシッコ強力消臭スプレー犬用本体 300mL

ランチョンマット

これは、犬用のものでなくても構いません。水入れや餌入れの下に敷いておくことで、入れ物が動くのを防いだり、食べこぼしを床に散らかさない効果があります。

床に直接入れ物を置くよりも見た目もいいですし、水がこぼれたときなどには思った以上に被害を食い止めてくれます。お気に入りの柄や色のものを2~3枚用意して、汚れたら取り替えましょう。

丸洗いできるため、布製のものがオススメです。

(商品コード:B0044VU0NSのAmazon商品は販売終了しました。)

おわりに

愛犬のために、準備をするのは楽しいものです。必需品だけでなく、あると便利なものも用意しておくと、迎えてから慌てることがないのでオススメです。

ぜひ新しい家族の一員と快適な生活を送ってください。

Photo by 著者

この記事で使われている画像一覧

  • 20110222123156

本記事は、2011年02月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る