\ フォローしてね /

窓ガラスを簡単綺麗に磨く方法

朝起きて、カーテンを開けたときにすっきり曇りのない窓ガラスは心まで晴れやかにしてくれます!

日頃から磨きこんでます!という方は、きっと常にそういう気分でお過ごしなのでしょうね。羨ましい限りです。

不精な筆者は、気が向いたときにしか窓掃除をしません。が……、冬の時期は案外いつも窓がピカピカ。

なぜでしょう?答えは下に・・・

用意するもの

  • ぞうきん
  • バケツ
  • アクリルたわし
  • 窓用ワイパー

結露でビシャビシャの窓ガラス

結露をそのままにしておくと、窓枠が痛んでしまったり、カビが生えたりといいことがありません。なので、(先ほどの答え)雑巾で結露を拭きます。だから、この時期はいつでも窓ガラスがきれいのです!

雑巾がすぐに濡れてしまうので、傍らにバケツを置いておけば絞ってすぐに吹き始めることができ、時間短縮になります。

アクリルたわしで拭く

窓ガラスにはまだ水分がたくさん残っています。この状態で、アクリルたわしを使って、隅々まで拭いてしまいます。

 窓用ワイパーで水気を切る

上の端から順番にワイパーで水を切っていきます。

窓の下まで来たら、雑巾でワイパーについた水を拭き取り、また横にずらして上から下までワイプしていきましょう。

桟の部分に水がたまってしまいますが、最後にこの水を利用して桟の部分も掃除すれば、一石二鳥!桟は歯ブラシなどでこすって綺麗にした後雑巾で拭けば綺麗になります

窓用ワイパーはゴムがついているので綺麗に水を切ることができ、布で拭いたときのように繊維が残りません。ゴムもしっかりしていて、とても使いやすく重宝しています。お風呂の水滴を取るのにも便利!

結露がない季節には(外をきれいにするとき)

結露がない季節や、外側の窓掃除のときには…、水を多めに含んだ雑巾で窓を軽くふきます。そのあとは、上記のステップを参照に窓をきれいにしてみてください。

おわりに

窓ガラス用の洗剤もありますが、洗剤を買わなくてもこの方法で随分きれいになります。

手も荒れないですし、お勧めですよ。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。