生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 同性から反感をかわないように気をつけるポイント

同性から反感をかわないように気をつけるポイント

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

同性の友達が何人か集まるとなぜか嫌われる人がいますね。皆性格も色々だしお互いに理解して付き合っているはずですが、それでも「あいつは」「あの子って」と言われる人。

異性に人気のあるのはもちろんですが、同性に好かれる人は人間的に魅力がある証拠。反感はかいたくないですね。

ではどういう所で反感をかってしまうのでしょう。注意すべき言動を挙げてどうすればいいのか考えてみましょう。

ポイント

男女を問わず好感が持てない人というのはやはり自己チュー(自己中心的)な人と言えます。要するに人と一緒にいるのに自分のことしか考えていない人ということですね。

二人以上いる場合は自分以外の人との距離感が大事です。特に会話している中で、周りとの間合いや力関係など全く無視して自分のペースを貫いてしまうと反感をかってしまいますね。

自己チューな言動例

「自分はカワイイ、カッコイイ」が態度に出る

露骨には口に出さないけれど、自分がカワイイ、イケてるという自信が言葉の端々に出たり態度に現れたりする人。

実際にかわいいかも知れません。他人もイケてると思っているかも知れません。が、それは人が言うことであって自分では決して表に出しては嫌われます。

自慢話をはさむ

会話をしていて自分の得意な話題に持って行こうとする人、そして自慢をしたがる人。

能ある鷹は爪を隠すと言います。人に自慢できることを持っているのはすばらしいですけれど、それはひけらかす事ではありません。

決めつける

人の話に対してすぐに否定的な意見を言う人。これはこうだと決めつけて話をする人。話の腰を折る人。

自分以外の考えや趣味や好みを敬意を持って理解すること。色々な考えがあって自分もその中のひとつですね。上げ足を取って自分を押しつけるのはよくありません。

依存する

相手に依存する人。自分でなんとかしようと努力しないで友達をいいことに頼り切ったり甘えたりする人。

同性同志で助け合うのはいいことです。本当に必要な時に手をかしてあげようというのはお互いがいい関係である時です。他力本願な人は嫌がられますね。

どんな時も恋人優先

1から100まで彼氏、彼女を優先する人。話に必ず彼が彼女がと恋人の話題が入ってくる人。

ラブラブなのは周知のことですから、必要以上に口に出したり恋人を口実にした勝手な行動は慎みましょう。

おわりに

本人は何気なく言っていることやっていることが、周りの同性の人達を引かせていることがあるかも知れませんね。

いくら恋人がいても異性から好感をもたれていても、その人と二人きりの世界にいるわけではありません。

できれば皆といい関係でいられる、好かれる人になりたいですね。自分で思い当たることがあれば直しましょう。

Photo by 友達が続々と。by toshihiko2001

この記事で使われている画像一覧

  • 20110221215243

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る