生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 恋愛で嫉妬しない3つのポイント

恋愛で嫉妬しない3つのポイント

2013年11月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

好きな人や恋人が、別の異性と話したり、仲良くしているだけで嫉妬してしまう・・・。「嫉妬する」ということは、それだけあなたがその人を好きでいるということの裏返しとも言えます。

でも、できることなら嫉妬の気持ちを抑えたい。そんな方に、恋愛で嫉妬してしまう気持ちを抑える方法をご紹介します。

ポイント1:嫉妬している相手とも仲良くなる

好きな人や恋人が、異性の友達と仲良くしているのを見ると嫉妬の気持ちが湧いてくる、ということも多いのでは。そんなときは、自分もその人と仲良くなるのが一番。急に仲良くなるのは無理でも、友達として会って話す機会を作ってみてはどうでしょう。

嫉妬するということは、その人と自分の好きな人や恋人が何か怪しい関係にあるのではないか・・・と思うから。であれば、その怪しい相手と自分が仲良くなれば、そういうことも起こりにくいでしょうし、友達とも信頼関係が生まれます。こうなると、嫉妬の気持ちは生まれにくくなります。

ポイント2:自分に自信を持てる努力をする

自分の好きな人や恋人が、自分よりも他の人に興味を持っているのではないか?という気持ちから、嫉妬は生まれてきます。ですから、自分が他の人と比べても魅力的である、必ず自分に振り向いてくれる、戻ってきてくれる!という自信が持てれば、意外に嫉妬心は生まれないものです。

そのために、自分が魅力的であると信じられるために、何か自分を磨く努力をしてみてはいかがでしょう。ただ嫉妬しているより、前向きに毎日を過ごせるはずです。

ポイント3:恋愛以外に集中できることを探してみる

いつも好きな人や恋人のことを考えて、恋焦がれている。それはそれで素晴らしいことですが、それが嫉妬心につながってしまっては、なんとももったいないことです。

それよりは、自分にとって興味があるいくつかのことの中に、恋愛のことがある、というくらいのスタンスでいた方が、自分の気持ちも安定しますし、お付き合いしている場合には、案外長続きしたりもします。

好きな人や恋人の行動や言動を気にして嫉妬したり、ヤキモチを焼いているよりも、自分が興味のあることを見つけて楽しむ方が、気分的にも良いもの。気持ちに余裕があれば、ちょっとくらいのことなら大目に見られるはずです。

おわりに

恋愛において情熱はとても大切な要素ですが、男女の関係を長続きさせる上では、適度な距離感を保つことも実は重要なことです。

時間があるときは絶対に一緒にいないとダメ、相手の行動を把握していないと嫉妬してしまう、という性格だと、自分も疲れてしまいますし相手もうんざりしてしまいます。

「あの人はきっと、自分の元に返って来る」と自信を持って、適度な距離感でお付き合いするのが、嫉妬を抑えて関係が長続きする秘訣ではないでしょうか?

Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110219004920

本記事は、2013年11月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る