生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 冷蔵庫をきれいに管理する方法

冷蔵庫をきれいに管理する方法

2011年02月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

『あれ、買ったはずなんだけど…』『発掘!人参のミイラ!』『キュウリが!!!液状化!!!』…こんなこと、しょっちゅうでした。

いけませんよね。反省です。冷蔵庫って大きくてなんでも入ってしまうからついついたくさん買いすぎて、自分で管理できなくなってしまうんです。

近頃著者が実践している冷蔵庫の管理法をちょっぴりご紹介してみたいと思います。

用意するもの

  • 大きな密閉容器、タッパウエア
  • 新聞紙
  • 大きめの広告
  • 牛乳パック

見取り図を描こう

まずは冷蔵庫のどこに何を入れるかを考えてみましょう。そして、見取り図を描いてみてください。

この見取り図は、これからあなたの冷蔵庫の指針となるので冷蔵庫に貼り付けて置いておきます!これで、何がどこにあるのか、忘れることが少なくなります。

まずは1番上の扉から

すべての食材を一度出してみましょう。冷蔵庫に入れなくていいものまで入っていませんでしたか?

食パン・ソース・しょうゆ・粉チーズ・七味とうがらしなどのスパイス・しょうが・にんにくなどは常温で大丈夫!

賞味期限が切れている物、切れかけで今はあまり食べる気がないものもこの際、もったいないけど処分するいい機会です。処分して少なくなったものを、見取り図を参考にしながら収納していきましょう!

食べきれなかったおかずや、早く食べてしまわないといけないものはガラス食器にラップをかけるなど、開けなくても見える容器に入れ替えましょう。こうすることで食べ忘れを防ぎます

野菜室で

まずは野菜室一面に新聞紙を敷き詰めてしまいましょう。その上を大きめの広告で覆います。

こうすることで、もし野菜くずがこぼれたり、万が一腐って汁っぽくなってしまい、野菜室が汚れても、広告を一枚取れば掃除は完了!もしそれでもまだ汚れているようなら、新聞紙も変えてしまえば雑巾も何も必要なく庫内はまた綺麗になります。

広告も新聞紙も取ったら、また新しく敷き直してください。このひと手間が大事なんです!

そして、野菜室で試してもらいたいのが、大きめの密閉容器に使いきれなかった野菜の切れ端を入れていくこと。

密閉容器なので、いちいちラップをすることもなくそのまま放り込んでおけばOK!洗ってあるし、皮もむいてるし、なんてお野菜がたくさん入っているとご飯の用意もとても楽ちんです。

立てて収納したい葉野菜や、キュウリ、大根などは使い終わった牛乳パックやペットボトルなどを切って使うと便利です

冷凍庫

冷凍庫には食材をたっぷり収納したほうがいいらしいってご存知でしたか?冷蔵庫は隙間を通って冷気が通るのでなるべく詰め込まないほうが、電気代が節約できるそうですが、冷凍庫は隣通しに冷気がどんどん伝わっていくので隙間がない方が良いそうです。

そこで、お勧めの収納方法は、立てる!ブックエンドなどを使って、冷凍食品などもきちんと立てて収納してみましょう。選びやすいし、たくさん収納できます!

食材を自分で冷凍する場合には、立てることを前提に、なるべく薄く、四角く形作るようにしてみるといいですよ

おわりに

冷蔵庫のものすべてを一度に整理しようとすると、かなり時間と労力もかかります。今日は、野菜室、今日は冷凍庫など、自分なりに決めて初めて見てはいかがでしょうか?

一か所綺麗になると、他も綺麗にしたくなってくるかもしれません!そして、一度全部がきれいになると、見取り図のおかげもあり、片づけしなくてもいつも整った冷蔵庫が自分のものになりますよ!

(Photo by 写真素材 足成
(Illust by 著者) 

この記事で使われている画像一覧

  • 20110222143319
  • 20110220223942
  • 20110221150107

本記事は、2011年02月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る