生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 恋人を不安にさせる行動

恋人を不安にさせる行動

2013年11月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

いつも一緒にいて、楽しいはずの恋人同士でも、ふとした行動相手を不安がらせてしまうことがあります。

自分にとってはなんてことのない、自然な行動であったとしても、相手は同じように受け取ってくれるかどうかわかりません。

一度「不安」を感じると、いらぬ嫉妬をかきたててしまい、ケンカになってしまったり、束縛するようになってしまったり、挙句の果てには二人の仲が破たんしてしまう・・・などと言うこともあり得ます。

いつまでも素敵な恋人同士でいられるように、相手が不安に思う行動をあらかじめ勉強して、そういった行動をとらないように努めましょう。

恋人が不安がる行動

携帯電話ばかりいじっている

一緒にいる間、ずっと携帯電話ばかりいじっていると、相手は「自分以外の誰か(異性)とメールしているのかも?」と感じてしまうかもしれません。

また、「自分といるのがそんなに楽しくないのかな?」という不安な気持ちにさせてしまうかもしれません。

一緒にいる間に必要以上に携帯電話をいじることは、相手にとって気持ちのいい行動ではありません。

携帯電話は必要時のみと心がけ、相手との楽しい時間を過ごしましょう。

鳴っている電話に出ない

携帯電話ばかりいじっているのも考えものですが、「呼び出し音が鳴っている電話に出ない」と言うのも、相手を相当不安にさせる行動の一つです。

「自分がそばにいたら、出られない相手なのか?」つまり、別の異性がいるのか? と想像されてしまいます。

やましいことがないのなら、鳴っている電話にはすみやかに出て、早めに会話を終わらせること、そして場合によっては「誰から、どんな用件だった」と素直に伝えることが必要です。

いつも 上の空

一緒にいても、いつもぼんやりしていて、話しかけてもすぐに答えてくれなかったり、話を聞いてくれていなかったり・・・そういうことが続くと、相手は不安になるでしょう。

自分といて楽しくないのか、それとも何か他に気になることがあるのか、疑心暗鬼になる一方です。

でも、時には本当に疲れていて、ボーっとしてしまうこともありますよね。

そういう時は素直にその旨を相手に伝え、会話に集中できないことを謝りましょう。

予定がわからない

次のデートの約束をしようとしても、「その日は空いているかどうか、まだわからない」という答えでは、相手は不安です。

自分が恋人なのだから、自分との予定を一番に入れてくれればいいのに、あえてそれをしないということは、「自分以外の誰かとの予定が入るのを待っているのだろうか」と思われても仕方がありません。

恋人は常に自分が最優先の状態であってほしいものです。

なぜ、空いているかわからないのか、「会議かもしれない」「お友達と飲み会に行く予定がそのあたりになりそうだから」など、理由がある場合にははっきりと話しておきましょう。

嘘や隠し事がある

たとえば、「仕事」と言っていたのに、「飲み会」に言っていたことが後になってわかった時、相手のことを信じることができなくなってしまいますね。

恋は信頼関係で深まっていきます。

相手を信頼できなくなったら、いらぬ嫉妬から、束縛へと発展していってしまうかもしれません。

一度嘘をついてしまうと、本当に「会社の飲み会」だったのに、「合コンかなんかだったんじゃないの?」とさらなる疑惑をもたれてしまいます。

後ろめたいことがない限り、本当のことをしっかりと告げましょう。

おわりに

恋は信頼関係と書きましたが、信頼関係をもっともっと深めていくためにはやはりコミュニケーションをとることが大切です。

たとえ不安にさせる、誤解をさせる行動をとってしまったとしても、普段からコミュニケーションがしっかりとれて、信頼関係が築けているカップルの場合はそれほど自体は悪化しないのではないかなと思います。

Photo by http://www.ashinari.com/2008/07/29-005766.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20110222134526

本記事は、2013年11月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る