生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 男女別!相手を喜ばせる褒め方

男女別!相手を喜ばせる褒め方

2011年02月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

人間は誰でも、自分が認められたり褒められると嬉しいものです。褒めたいと思ったら、素直にどんどん口に出したほうがいいですよね。

しかし「すごい」「えらい」と思い、伝えたいと思っても、気持ちを十分に伝えられないこともあります。特に男女では、言葉の受け取り方や、認められて嬉しいポイントが違うので、知らないで褒めるのはもったいないです。

このレシピでは、男女別にみた、相手に伝わりやすい褒め方をご紹介します。

ポイント1: 男を喜ばせる褒め方

男は成果を認めてもらいたい

男性を褒めるポイントは、行動自体や行動の結果を褒めることです。

そのネクタイ○○さんに似合ってますね
よりも
ネクタイの選び方上手ですね
または
そのネクタイ格好いいですね
のほうが喜んでもらえます。女性から見るとちょっと不思議なのですが、男性に対しては「モノ」を褒めることもその男性を褒めることになるのです。それは、その男性が「モノ」を選んだ成果を認めることだからです。

デートで男性が食事の場所を選んだ場合、女性は「素敵なレストランね♡」と褒めましょう。男性は「自分の行動によって、優れた結果を出せること」を女性にアピールしたいものなのです。

ポイント2: 女を喜ばせる褒め方

女は自分を認めてもらいたい

女性を褒めるポイントは、そのひと本人を褒めることです。

着こなしが上手いですね
よりも
似合ってて素敵ですね
のほうが喜んでもらえます。「上手に着こなせた」という行動の結果を褒めてもイマイチ響きません。「あなたが素敵」という気持ちを伝えるようにしましょう。

デートで女性が食事の場所を選んだ場合、男性は「素敵なレストランだね」と褒めても微妙なのです。「料理が美味しい」「内装がいい」なんて、モノばかり褒めていると、女性は逆に不安になります。

モノばかり褒めると、女性は「このレストランが良いだけで、私がいなくてもいいのね」と思ってしまうのです。そんなときは必ず、「一緒に食事ができて嬉しい」という気持ちを伝えましょう。

女性は「どうすればより素敵な自分を男性に見てもらえるか」という気持ちで、いつも頑張っているのです。

おわりに

男女別にコツをあげてみましたが、思い当たるところはあったでしょうか。とはいえ、「褒めてくれたんだな」ということは、相手には伝わるものですから、考えすぎて褒めないより、褒めたほうがいいに決まっています。

また、「喜ばせ上手」は「喜び上手」でもあるでしょう。素直な気持ちを相手に伝えられれば、ちゃんと伝わると思いたいですよね。そのためには、自分が褒められたときには、素直に受け止めて喜ぶことも大切です。

Photo by http://www.ashinari.com/2006/10/26-000474.php?category=48

この記事で使われている画像一覧

  • 20110222122422

本記事は、2011年02月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る