\ フォローしてね /

自分が住む街の為にできること。横浜でボランティアをする方法

横浜では様々なボランティアが充実しているのをご存じでしょうか?ボランティア…というと、堅苦しいイメージをお持ちの人もいるかもしれませんが、横浜では楽しんで参加できるボランティアがたくさんあるんですよ。

そこで、当記事では、横浜でボランティアをする方法についてご紹介します。

横浜市ボランティアセンター

横浜では一体どんなボランティアを募集しているの?という人は、まずは「横浜市ボランティアセンター」のサイトにアクセスしてみてください。

同サイトでは、ボランティア募集情報を見ることができます。地域のボランティア情報を探せるほか、気軽に参加できる単発ボランティア(イベントなど1回限りのものや短期のもの)もあります。

また、ボランティアに関する保険など、ボランティアを始めるうえで知っておきたい情報がたくさんあるので、これからボランティアを始めたい人は、ぜひ同サイトをチェックしてみてください。

ヨコハマいきいきポイント

横浜市では、元気な高齢者がボランティア活動に積極的に参加できるように、「よこはまシニアボランティアポイント」という制度を実施しています。

よこはまシニアボランティアポイントとは、65歳以上の高齢者が介護ボランティア活動に参加すると、ポイントが貯まるというシステムです。貯まったポイントは、年度末に換金することができます。
換金は年間8000ポイントまで(1ポイント=1円)です

ボランティアに興味のある横浜の高齢者の方は、ぜひよこはまシニアボランティアポイントに参加しましょう。

JICA横浜

JICAといえば、国際協力の促進を目的とする公共団体ですが、その支部であるJICA横浜でも、18歳以上(高校生は不可)を対象としてボランティアの募集を行っています。

JICA横浜のボランティア活動は、横浜市内で行われるイベントの実施サポートです。これまでに、横浜国際フェスタ・横浜国際フォーラム・あーすフェスタなどでボランティア活動を行っています。

イベントの実施サポートなので、人の役に立つだけでなく、お祭り気分を楽しめるという点でお勧めのボランティアです。

セントパトリックデー・パレード横浜元町

最後に、国際都市横浜ならではのユニークなボランティアをご紹介。

2011年2月22日現在、アイリッシュ・ネットワーク・ジャパンでは、毎年春、横浜元町ショッピングストリートで開催される「セントパトリックデー・パレード」の1dayボランティアを募集しています。

ボランティア内容は、参加団体へのアテンド・パレードで使用する備品の管理・元町商店街でのチラシ配布、風船等装飾品の作成と配布・パレードの誘導、バナー、フラッグを持ちパレードへの参加・会場整理、警備、車両誘導・終了後の清掃などです。

ボランティアに参加して、アイルランドのお祭りを盛り上げてみませんか?学生時代の文化祭・体育祭気分が味わえるかもしれませんよ。

あなたの街でも必ずボランティアは求められています

いかがでしょう。横浜でボランティアをする方法についてご理解いただけたでしょうか。

自分の住んでいる街の為にできること、その選択肢にボランティアはいい選択かもしれませんね。

Photo by 足成

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。