生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. パラッとしたおいしいチャーハンの作り方

パラッとしたおいしいチャーハンの作り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

お店で食べるチャーハンはパラッとしてて大変おいしいのですよね。

しかし、家で作るとご飯がかたまりになってしまったり、べたついてしまったり、なかなかうまくいきません。

お店ではいったいどうやって作ってるのでしょう?

実際にお店で作っているような環境とテクニックを家で再現するのはかなり難しいと思います。

あんなに強い火力のコンロはなかなかありませんし(ガスコンロの中には近いものがありますが、結構高いです)、第一あんなに手際よく大きな中華鍋を振るのは至難の業です。

そこで、今回は家庭で出来る、パラッとしたチャーハンの作り方をご紹介致します。

ポイントは卵の使い方

チャーハンには必ず卵が入っています。

これは単に具材としておいしいから入れているというだけでなく、もうひとつの大きな役割があります。

それが、パラッとしたチャーハンと深い関係にあります。

パラッとしたチャーハンを作る方法

STEP1

フライパンに油を多めに入れて、熱します。

そこにとき卵を入れてかき混ぜ、半生で油をたくさん含んだスクランブルエッグのようなものを作ります。

それができたら、先ほどとき卵を作った器に戻します。

STEP2

卵が油を吸い込んでカラカラになっているので、再度油を少々。

十分に熱したら、今度は肉や野菜を炒めます。すでに油が十分回っているので、サクサクと炒められるはずです。

STEP3

肉と野菜を強火で少々炒めたら、次はご飯を入れます。

この時に入れるご飯ですが、冷ご飯を使う場合は軽くレンジでチンしてふんわりさせておいて下さい。

STEP4

肉と野菜を炒めて、ご飯を入れた直後に、先ほどの半生スクランブルエッグを入れます。

そのまま強火で一気に炒めましょう。

半生の卵に含まれた油が卵と一緒にご飯のすみずみに回るので、ご飯の一粒一粒にしっかりと油が回り、いつものようにべたついたり固まったりしません。

STEP5

塩コショウを入れて下味をつけます。

これだけでも十分おいしく食べられますが、後はお好みで味付けをして下さい。

中華あじなどの中華系ダシを入れたら中華風、ケチャップを入れれば洋風、カレー粉を入れたらインド風になります。

また、コチュジャンという韓国の辛みそを入れたら韓国風にもできますよ。

お好みの味付けをして、その味(色)が全体に回ったら出来上がり。

最後に

この調理法のポイントは、半生スクランブルエッグがご飯に浸透していく作用をうまく使って、油をご飯全体にしっかりと回すことです。

この方法を使ったらチャーハンがパラッとするだけでなく、味も全体にしっかり回るので味にムラができてしまうこともありません。

簡単に出来ますので、ぜひ一度お試し下さい♪

この記事で使われている画像一覧

  • 20100508210100
  • 20100508210557
  • 20100508210717

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る