生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. まだ彼女確定じゃない恋人候補にNGなワードと態度

まだ彼女確定じゃない恋人候補にNGなワードと態度

2011年02月21日作成

 views

まだ彼女じゃないんだけど、良い雰囲気でもう一押し・・・という相手がいる貴方。その彼女、逃したくないですよね。

微妙な関係の時期には、特に相手も貴方の事を見ています。本当に付き合っても良いのかどうか値踏みされている状況と言ってもいいでしょう。

ここでは、そんな「恋人未満」の彼女にしてはならないNGを考えていきましょう。

目次

やけに威張っている

亭主関白が推奨されていた時代とは違います。やけに偉そうな彼氏は今の時代、敬遠されるのが普通でしょう。

「遅いね」

どんなに待ち合わせに彼女が遅く来ても、イライラした態度はNGです。もちろん、遅れた相手が悪いんですよ。でも、貴方のために一生懸命オシャレしていたかも知れないじゃないですか。

ここは、心の広い所を見せましょう。何といっても、まだ確定彼女ではないんですから。

「やめてくれる?」

「携帯やめてくれる?」「他の電話に出ないで。」「メールやめろよ。」「そのクセやめてくれる?」

冷たい命令口調は彼女に「この人、本当に私の事好きなの?」と思わせます。物を頼む時、注意する時は柔らかい言い方を工夫しましょう。

「2人の時間を楽しみたいから、今は携帯を置いてくれないかな。」などの優しい言い方が良いでしょう。

家族の話ばっかり

「ばっかり」じゃなくても、自分の家族の話が多い男性は独立していないイメージを女性に与えます。

妹や姉の自慢話はNG

自慢話に限らず、姉妹の話は家族話の中でも特にNGです。母の話はマザコンの、姉妹の話はシスコンのイメージを持たれます。

逆に兄弟の話は微笑ましく聞いてくれるのが女性の面白い所。兄弟を大切にする男性は友達が多く人が良いイメージを与えます。兄弟の話はバンバンしても平気でしょう。

お家柄自慢

付き合ってだいぶ経つのならば良いのですが、恋人未満の彼女に家柄自慢の話をするとかなり引かれる事でしょう。

もちろん「ちゃんとした家庭に育った」印象を与える事はできますが、あまりに話が多すぎると「じゃあ、もっと良い家柄の子を選べばいいじゃん」と言われてしまうかも。

昔の彼女の話をする

誰の話にせよ、人の悪口は引かれるものですが。良い話なら尚更あまり聞きたくないものですよね。

「昔付き合ってた子は金遣いが荒くて」

「うわあ。この人、私と別れた後もこんな風に言うんだ」と思われますよね。貴方は元カノと比較して彼女を誉めたいだけかも知れませんが、相手はかなり引いていますよ。

元カノの思い出話

「じゃあその子とヨリを戻せばいいじゃん」と思われます。当然ですね。涙でも浮かべようものなら、彼女はあきれて帰ってしまうことでしょう。

ケチだと思わせる言動

もちろん、付き合いには「身の丈」という物が必要です。最初から頑張りすぎると後で苦労することになります。しかし、ケチくさい言動は口に出してはいけません。

「さっき出したから、ここは割り勘ね」

もちろん、無いのに出せとは言いません。しかし、彼女も会計の時には一応財布を見せるはずですから、自分が奢れない経済状態ならば何も言わずに割り勘にしてもらいましょう。

いっその事、「今、給料日前でピンチなんだ」とハッキリ言ってしまった方が、まだ好感度が上がります。

「高いなあ。高いなあ。」

ショッピングの度にそれを言われたら、買い物も楽しくなくなりますよね。「もしこの人と結婚したらどうなるんだろう」という不安で彼女はいっぱいになることでしょう。

同時に彼女にとっての「恋人候補」から、貴方はどんどん外れていきます。思っても口には出さないことです。

おわりに

いかがでしょうか。ついつい口が滑って出た一言で、何もかもが終わってしまう微妙な時期です。緊張感を持ちながら、でも楽しくデートして下さいね。

最後になりますが、上で書いたような貴方の言動を全てニコニコして受け止めてくれる心の広い彼女こそ大切にするべきですね。

(Photo by 「無料写真素材 東京デート」)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110220041153

本記事は、2011年02月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る