生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ボードゲームの賞とドイツゲームの基礎知識

ボードゲームの賞とドイツゲームの基礎知識

2014年04月18日更新

 views

お気に入り

ボードゲームは映画や音楽と同じ”作品”なんです

日本では、一部のフリーク以外、あまり認知されていないボードゲームですが、世界を見渡せば、とってもカジュアルな遊びの一つ。

例えば、ボードゲームにも、グラミー賞やアカデミー賞のような 「アワード」があるって知ってましたか?

ボードゲームは映画や音楽と同じようにゲームを作った人を「ゲームデザイナー」と呼び、おもしろいモノが面白いと評価される、作品なんです。

その中でとりわけ重要なボードゲームの賞が「ドイツ年間ゲーム大賞」と「ドイツゲーム大賞」です。

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)について

(Spiel des Jahresのシンボル)

ドイツ年間ゲーム対象は1979年から始まった、20年以上の歴史のある賞です。ゲーム評論家などのゲームに詳しい人たちにより結成された選考会により、年に一回、毎年5月頃にノミネート作品が発表され、6~7月に大賞が決定し、発表されます。

選定のルールや、理由などについては公表はされませんが、より幅広い層に向けたカジュアルなゲームが評価される傾向があり、マニアック(フリーク向け)のゲームを避ける傾向があります。

なので、より多くの人が遊びやすいゲームが多いのがドイツ年間ゲーム大賞の特徴です。

ボードゲームで遊んでみたいのだけれど、何から遊んだらいいかわからない!

という方には、うってつけなのが、この賞の受賞作品です。

ドイツゲーム大賞(Deutscher Spiele preis)について

(Deutscher Spiele preisのシンボル)

それでは、もう一つの大きな賞である、ドイツゲーム大賞とはどのような賞なのでしょうか。

ドイツゲーム大賞は始まったのが1990年と、年間ゲーム大賞と比べると歴史が浅い賞なのですが、選考委員会が選ぶのではなく、ゲームファンの投票によって順位が決まり、受賞作が決定されるのが特徴です。

そのため、大きな意思があって選ばれるのではなく、その年に一番面白かったゲームが選ばれるため、ゲームファンの中では年間ゲーム大賞より信頼されている賞ではあります。

ただ、ボードゲームを一定以上遊んでいるファンが選んでいる賞のため、初めての人に対して紹介できるゲームとして考えると、年間ゲーム大賞に分があると考えられます。

つまり、ドイツゲーム大賞は、簡単なゲームばっかりじゃつまらない!頭を使いたい!もっと駆け引きしたい!というステップアップした方には、是非おすすめできるラインナップです。

ドイツゲームと、そうでないゲームについて

そんな大きなボードゲームの賞がある国ドイツ、もちろんボードゲームが一番盛んな国である、といっても過言ではありません。

しかし、ドイツゲームとして、皆さんに紹介したいゲームは、ドイツ産のゲームだけであるか、というとそうではありません。

ボードゲームは、世界中で発表・発売されていますが、ドイツゲームとは、その中にある一つのカテゴリのようなもので、以下のような特徴を満たすゲームが、ドイツゲームと呼ばれています。

ドイツゲームの特徴

  • ドイツゲームは、幅広い年齢層で遊べる
  • ドイツゲームは比較的簡単なルールで、熟練者も、初めてやる人も、一回のプレイで有利不利を大きく感じる事がない
  • ドイツゲームは多人数(3〜6人程度)で遊べる
  • ドイツゲームは、運だけでもなく、知識や経験だけでもない、絶妙なバランス
  • ドイツゲームは、直接的にプレイヤ同士嫌がらせをするようなことがあまりない

詳しくはwikipediaのドイツのボードゲームの項などをご覧いただくとわかりやすいかもしれません。

ドイツ年間大賞は、まさしくこういった条件を満たすゲームが多く受賞するため、近代的なボードゲームのことを、ドイツゲームと呼ぶようになったのかもしれません。

キングオブドイツゲームといえば「カタン」!

カタン!カタン!カタン!

さて、初めて固有のボードゲームの名前を紹介することになります。

カタン(カタンの開拓者たち)という名前のゲームを知っていますでしょうか?

もしかすると名前くらいは聞いた事があるという人もいるかもしれません。

カタンは1995年に発売され、ファミリー向けのゲームが選ばれる年間ゲーム大賞、そしてフリークに好まれるゲームが選ばれるゲーム大賞の両方の賞を受賞し(2冠)、世界中にボードゲーム(アナログゲーム)の復興を告げた、とてつもない大ヒットゲームなのです。

誰でも遊べる手軽さ、思うように行かない運の歯痒さ、それでいて戦術の勝負強さが求められるカタンは今もなお多くのプレイヤに遊ばれている、キングオブドイツゲームなのです!

それじゃ、まずはカタンをやってみる!

これはボードゲームの入り口として、一切間違ってはいないのですが、
それでも1プレイあたり1時間から2時間くらいかかり、ルールの説明にも10分くらい時間がかかります(説明書を読んで始めようと思うとだいぶ時間がかかります)。

次の記事で「カタン」より、もっと気軽に遊べるものを紹介したいと思います。

いよいよ次回からゲームの紹介です!

こんな時に遊べるゲームはない?とか、こういうメンバーにおすすめのゲームはない?というようなリクエスト、お答えできる限りお答えします!

ここ間違ってるよ!というのがあれば、追記修正してください!

ボードゲームに関するライフレシピシリーズ

この記事で使われている画像一覧

  • 20100508161944
  • 20100508165903
  • 20100508165923

本記事は、2014年04月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る