生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 一泊二日で行く長野旅行 おすすめスポット(北信編)

一泊二日で行く長野旅行 おすすめスポット(北信編)

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

一泊二日で長野に行くなら?おすすめスポット(北信編)

はじめに

週末など、一泊二日ぐらいの休暇でふらっと長野あたりに旅行に行きたいけど、せっかくなら充実した旅にしたい!

そういう方に向けた、一泊二日で行くおすすめスポットをご紹介します。長めの長野旅行に組み込むのも可です!(写真は善光寺です)

善光寺と善光寺表参道

1400年前に建てられた国宝

ベタといえばベタですが、善光寺は今から約1400年も前に建てられた長野で一番有名なお寺です。

宗派にこだわることがなく、すべての人に極楽浄土を、というお寺ですので、一生に一度はお参りしておきたいものです。

また、六年に一度(丑年と未年)の御開帳には、全国から沢山の参拝客が訪れます。

善光寺表参道~長野市内

善光寺は長野新幹線終点の長野駅から約2km、徒歩20分ほどです。

善光寺表参道には、たくさんのお店が並んでおり、味噌ソフト、野沢菜のつけもの、生そば、おやき、など長野ならではのおみやげを買うことができます。

長野駅、そして善光寺口からは、ぐるりん号という公共バスが出ており、こちらを利用すると、より便利に行けます。ぐるりん号はどのバス停で乗り降りしても100円(子ども50円)なので気軽に利用することができます。

戸隠

パワースポットで有名

長野市よりさらに北に向かったところに戸隠というところがあります。戸隠そば、などで名前は有名ですので、聞いたことがある、というひとも多いと思います。

戸隠は長野駅から出ているバスで1時間~1時間10分もかかる山奥にあります。

宝光社、中社、奥社、と3つの神社が祀られており、そこに参拝する観光客が多いほか、戸隠そばを食べに来たり、キャンプ場を利用しに来たり、スキー場にスキーをしにきたり、と客足が絶えない山奥の人気スポットです。標高も高いため、夏は絶好の避暑地となります。

山奥ではありますが、そば屋、お土産屋、宿屋の数は十分で、1日十分に楽しめます。

奥社に参拝

中でも、宝光社、中社、奥社、の中の奥社は、まっすぐ続く杉並の道を2kmも歩かないといけない場所にあり、かなり時間、体力を使いますが、道中の杉並には圧倒されます。そして奥社にたどり着いたときにはとてもすがすがしい気持ちになります。

砂利道を歩くのでスニーカーなど履きなれた靴がおすすめです

松代

とにかく歴史を感じたい!田舎に行きたい!

都会の謙遜から逃れたい…!歴史のある田舎町を歩きたい!そう思って半ば現実逃避のような旅行をしたい方には超おすすめスポット。

松代城あと、真田信之の真田邸、文武学校、など数多くの武家屋敷やお寺、水路や路地など、散歩をするだけでとても歴史を感じられます。

松代は長野市からやや南にある城下町です。アクセスは長野新幹線終点長野からタクシーで20分、バスで30分、長野電鉄で40分という、ちょっと行きづらい場所にあります。

温泉

1日ゆっくりと歴史を堪能したあとは、武田信玄も楽しんだという松代温泉で疲れをとりましょう。

松代象山地下壕

ぜひ見学してほしいのが、松代象山地下壕です。松代象山地下壕とは、太平洋戦争の末期に天皇をかくまうために作られた地下坑道です。

建設作業をしたのは日本人労働者のほかに、朝鮮半島から動員された朝鮮人とされています。岩肌を直接人の手で掘られたあとには、過酷で多くの犠牲者を出したという歴史が見られます。

戦争中に天皇をかくまう場所として、なぜ松代が選ばれたのか?

それは松代の山が固い岩でできており崩れにくい、山に囲まれていてわかりにくい、長野の人は秘密を守る、などがあります。こちらの施設は現在でも見学をすることができます。

松代はエヴァにも登場します!

エヴァンゲリオンが好きな人ならわかる話として、こちら松代にはNERVの第2実験場があり、EVA3号機の起動実験(トウジが搭乗したのち、使徒として覚醒、暴走した回です)が行われた場所となります。

また劇場版内の設定で、松代にはMAGIのバックアップが置かれています。

おわりに

いかがだったでしょうか。

長野と言えば、松本城見学、スキースノーボード、かな~と思っていた方に新しいヒントとなれば幸いです。

都会の人が行くと新鮮で楽しめるスポットがたくさんあります。短い時間でもたっぷり楽しめますから、ぜひ長野旅行に行く際は検討してみてください!

この記事で使われている画像一覧

  • 20110221172647
  • 20110221172714
  • 20110221172318

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る