\ フォローしてね /

人の名前を覚えるコツ

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

人の名前を覚えるのが苦手な人は案外多いですね。筆者もその一人です。覚えられなくて仕事で困ったり、思い出せなくて相手に失礼なことをしてしまうこともありますね。

筆者の体験をもとに人の名前を覚えるコツ、思い出す時のポイントをあげてみましょう。

名前を覚えるコツ

ただ普通に暗記するのは難しいですね。プラスαのおまけつきで覚えるのがコツです。

もうひとつ、必ずフルネームで覚えることも大事です。ニックネームや通称では覚えない方がいいでしょう。

自分の知っている人

自分の知っている名前や有名人に似ている名前、漢字が1文字違っているとか、音が似ている人はいませんか。

そういう場合は自分の知っている人の顔を思い出して、一緒に頭にインプットしておきましょう。

今度会った時に相手の顔を見たら、まず自分の知っている誰かに似た名前だったなと、そこから探してアウトプットできると思います。

名前について質問する

名刺交換した時や、相手の名前を初めて聞く時に、フルネームをよく見聞きし名字でも名前について質問をしてみて下さい。質問だけではなく漢字について自分の感想を言ってもいいですね。

よく間違われる名前だったり、名前の由来だったり、使われている漢字についてその人が言ったことというのは記憶に残り易いのです。

顔と一緒にその時話題にした内容や漢字が思い出され、フルネームが出てくるという結果になります。

絵として覚える

子供は色々見聞きしたものを映像や絵のように記憶することが多いですね。全体像や色あいやイメージを形にして覚えると記憶に残るのです。

相手の方には失礼かもしれませんが、自分だけの記憶術としては相手の特徴を名前にくっつけて覚えるというのもアイデアです。

携帯やパソコンで使う絵文字のように名前の後にひげマークやげじげじ眉毛、豚のイラストや、音符マークなどをつけた文字をイメージしてインプット。思い出すきっかけになりますね。

特徴ある漢字

名前の中で特徴のある漢字があると、それから思い出すこともできます。フルネームでインプットしておくと最初は思い出せなくても1文字がキッカケになることがあります。

名前に自分の好きなものや場所や物と関連するものがあると、そういうポイントを押さえておくのもひとつの方法ですね。

おわりに

相手に興味を持つこと、話をする中で何かと関連づけることで記憶の糸に結び目を作ればきっとそこから手繰り寄せることができると思います。

是非これらを参考に新しい人との出会いを大切にして下さい。

photo :ビジネスマンとパソコン by 足成

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。