生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「恋人候補」にしてはいけない3つのNGな言動

「恋人候補」にしてはいけない3つのNGな言動

2011年02月21日作成

 views

はじめに

身近な異性の中に「まだ恋人ではないけれど何か気になってしまう」という人がいらっしゃる方も多いと思います。もどかしいような焦るような複雑な気持ちになりますね。

でも相手の気を引くつもりで、軽い気持ちでした言動が意中の相手をがっかりさせたり引かせたりしてはすべてが台無しです。そこで今回は「恋人候補」に対してNGな3つの言動をまとめてみました。

「恋人候補」にしてはいけないNGな言動

過剰なボディタッチ

相手に対する好意を伝えるつもりで、また親しみを表す気持ちでボディタッチをすることがあるかもしれません。適度なボディタッチはドキドキ感を生むので二人の距離が縮まるチャンスになります。

でもボディタッチがあまりに過剰になってしまうことがないように十分気をつけましょう。人によってはベタベタされるのがとても苦手だという場合もあります。

もしかすると「恋人候補」の異性はあなたが誰に対してもそのように振る舞っていると考えて「馴れ馴れしい人だな」とか「あまり近づかないようにしよう」などと思うかもしれません。

独占しようとする

まだ恋人同士ではない状態なのに意中の相手を独占しようとする態度もNGです。あなたの身勝手な言動で恋人扱いされてしまうことは相手にとって負担でしかありません。

「恋人候補」が他の異性と親しくしていたり、自分以外の友人たちと出かけたりするのを見て一方的にジェラシーを感じたりしないように気をつけましょう。

また、メールや電話の頻度や内容にも注意する必要があります。例えば「今何してるの?」といったメールをしょっちゅう送ると、相手にその気がない場合あなたの気持ちを重く感じるでしょう。

更に独占欲が強くなると、相手の周りにいる異性すべてがライバルのように思えてしまい、最悪の場合自分の思い込みで大切な友人を失う結果になってしまうので要注意です。

過去をしつこく聞き出そうとする

もう一つのNGポイントは「恋人候補」の過去をいろいろと詮索したり、話したくなさそうだと分かっているのにしつこく聞き出そうとしたりすることです。

もちろん自分と出会う前のことを知りたい気持ちや過去にどんな恋愛をしてきたか知りたくなる気持ちは自然ですが、相手のプライバシーに土足で踏み込むような言動はよくありません。

相手を惹きつけるどころかかえって遠ざけてしまうことになりかねないので、相手が自分から話してくれる時まで辛抱するように心がけましょう。

相手が本当に心を開いた時、またあなたとの信頼関係をある程度気づいて「ゆくゆくはお付き合いをしても良い」と感じた時には、必ず大切な過去を教えてくれるはずです。

おわりに

恋人候補に対する振る舞い方は、その後の二人の関係がどのように進展するかを大きく左右する重要なポイントです。ぜひこれらのNGポイントを避けるように心がけてくださいね。

Photo by http://www.ashinari.com/2009/07/06-023743.php?category=265

この記事で使われている画像一覧

  • 20110218174143

本記事は、2011年02月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る