生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 披露宴を彩るウェルカムボードを簡単に作る方法

披露宴を彩るウェルカムボードを簡単に作る方法

2012年11月06日更新

 views

お気に入り

はじめに

披露宴会場の入り口でよく見かけるウェルカムボード。必ず必要というアイテムではありませんが、1枚あると華やかな雰囲気になるものです。

ただ、結婚式の準備は想像以上に大変なので、なかなかそこまで手が回らないという人も多いと思います。そこで今回はできるだけ簡単にウェルカムボードを作る方法を紹介したいと思います。

用意するもの

手をかけようと思えばいくらでもかけられるのがウェルカムボード。手をかけようと思えば、用意するものも自ずと増えていきます。でも今回は最低限必要なものだけリストアップします。

  • 紙(木でもガラスでも、字が書けるものなら何でもOK)
  • ペン

やり方

STEP1 文面を決める

必ず書かなければならない文章があるわけでもないウェルカムボード。つまり書きたいことを書けばいいだけ。お客様を迎える言葉で、失礼がない文章であれば、特別なルールはありません。

必ず使わなくてはならないわけではありませんが、よく見かけるのは下記のような文です。いくつか組み合わせて使用するのもいいと思います。

Welcome to our wedding reception
Welcome to our wedding celebration
Welcome to our wedding party
Thank you for coming today
Thank you for coming
Thank you for attending our wedding
本日はありがとうございます

合わせて結婚する2人の名前と日付がよく書かれます。

太郎&花子
Taro&Hanako
2011.2.20
Feb.20.2011
2011年2月20日

STEP2 好きな物に自由に書く

ウェルカムボードには特別なルールはありません。STEP1で決めた要素を、好きなように、好きな文具を使って書きましょう。パソコンで作ったものを印刷しても、もちろんOKです。

パソコンで入力した文字だけでも、書体にこだわれば素敵なものになります。

額縁に簡単な飾りをつけるだけで、印象はがらっと変わります。

式の雰囲気にあえば、素朴なものもかわいいと思います。

おわりに

こうしなければ! と難しく考える必要はありません。結婚する2人らしさが出ていれば、プロが作ったものより印象に残るウェルカムボードになりますよ。

Photo by Candee-Bell Wedding Reception By.quinn.anya

Photo by Bali 2007 By. Marc van der Chijs

Photo by Emily & Scott's Mackinac Island Wedding By. Jeremy Bronson

この記事で使われている画像一覧

  • 20110220122503
  • 20110220122620
  • 20110220122737

本記事は、2012年11月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る