生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 絶対に無理だと思っていた、かわいいあの子を彼女にする方法

絶対に無理だと思っていた、かわいいあの子を彼女にする方法

2011年02月21日作成

 views

自分とは釣り合わないかもしれない・・・そう思うようなかわいい子を落とす為には様々な障害があります。でも、ハナから勝てないと思って勝負しないケースがほとんどのはず。

本日は現実的にかわいい子と付き合う可能性を引き上げる方法を紹介したいと思います。

片思い中であっても、この方法を参考にすれば、片思い相手とのメールで失敗したり、アプローチ方法を間違えたり、相手の気持ちがわからない、ということがなくなると思います。

目次

現実を直視しよう

かわいい子には彼氏がいるにきまってる

かわいい子はほとんどの場合、彼氏がいます。あたりまえです。ほっとくわけがありません。むしろ、かわいいのに彼氏がいない子はよっぽどタイミングがいいか、よっぽど何か難有りかどちらかです。

つまり、気にいったかわいい子がフリーである可能性など、ほぼゼロだと考えておくべきなのです。夢見ちゃいけません。あなたが登る山はそんなにたやすくはありません。

フリーの子は競合だらけ

もし仮にかわいい子がフリーであったとしても、そんなおいしい状況、他の男がほっとくわけがありません。無数の競合が生まれます。フリーの子と付き合うためには、大勢のイケメンやお金持ちを敵に勝ちぬかなくてはいけないのです。

もうわかっていただたでしょうか。
僕たちは、彼氏のいるかわいい子を落とす方法を考えるべきなのです。

かわいい子(彼氏つき)のトップ下を死守せよ!

彼氏がいる、かわいい子を落とすにはどうすればいいか。

トップ下戦法を使います。

「トップ下」とは彼女との位置関係のことです。サッカーのポジションに例えているわけですが、常に彼女にパスを出せる、彼女の一番の理解者というポジションを差しています。

片思い中のあなたは彼女にとって「すこし振り返った時に存在する、安心できる恋愛相談相手」になることが必要なのです。

この時、彼氏と仲良くなってしまうと身動きがとれなくなるので、注意しましょう。

じっくりと機を伺う。男らしく、待つべし。

ポジションを確保したら、あとはじっくり待ちましょう。アプローチはかけないほうが無難です。余裕を持ってドンと構えているべきです。これは略奪愛のレシピではありません。

彼女と仲良くなりすぎ、友達っぽくしすぎるのも危険です。あくまで、彼女のよき理解者というポジションに徹しましょう。

リミットを有る程度決め、彼女が彼とうまくいき続けるならそれはそれで、潔く諦めましょう。

別れのタイミングに、抜けだしてシュートを打ちましょう

決定的なチャンスを把握

彼氏と何らかの事情で破局してしまったら、あなたに決定的なチャンスが訪れます。

  • 競合はいない
  • 彼と別れたことを一番先に知るのはあなた
  • 彼女にとって一番心を許せる相手はあなた

このあたりの事実を冷静に把握しましょう。

シュート位置まで駆け上がろう

  • 彼女はまだ傷が癒えていない
  • いきなりあなたが恋愛対象にはならない

こんなことを踏まえた上で、まず「相談相手」から「彼女にとって大切な人」というラインまで駆け上がりましょう。

もう、ゴール前にはあなたしかいません。落ち着いて、じっくりアプローチを始めましょう。彼女に気付かせてあげることが大切です。あなたが彼女にとって単なる相談相手ではなく、大切な人だということを。

押し引きの駆け引きが必要です。ただのやさしい人にならず、あなたの男としての魅力もアピールをし始めましょう。

シュートを打とう!

彼女があなたのことを1人の男性として意識しはじめたら、もうゴールを決めるしかありません。もしかしたら華々しく散るかもしれませんが、勇気を持って告白をしましょう。

駆け上がってから、シュートまで1ヶ月が勝負だと思います。

さいごに

気の長い話ではありますが、あなたが諦めず根気よく好きでい続けることができれば、誰も傷つかず恋を実らせることができるはずです。

  • 強引に彼女の恋愛を終わらせようとしないこと
  • 失敗した時に「いままで相談にのってあげてたのに」と逆切れしないこと

こんなことに気をつけるとよいと思います。

彼女の幸せを純粋に願う慈愛の心と、最後の決定力さえ持っていれば、あなたが片想いしているかわいいあの子とも付き合えるチャンスがあるのです。ぜひ、チャレンジしてみてください。

こちらもチェック

この記事で使われている画像一覧

  • 20110221111436
  • 20110221111352
  • 20110221112351
  • 20110221113818
  • 20110221114155
  • 20110221114635

本記事は、2011年02月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る