生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 連絡がうざい!どうでもいい相手と関係を絶つ効果的な方法

連絡がうざい!どうでもいい相手と関係を絶つ効果的な方法

2016年05月31日更新

 views

お気に入り

一方通行の恋

相手は自分のことを相当気に入っているみたいだけど、自分は全然その気がない
態度やメールでそれとなく、気持ちを表しているはずなのに、効果なし。
それでも、めげずに(強いなぁ)誘ってくる人って、いませんか?

そういう人に「無駄な努力は止めて。他の人にアタックして下さい」ということを伝える、効果的な方法があります。

ハッキリとは言えないから

相手に「もう連絡しないで下さい」とか「あなたしつこいです」とか、直接的に言うのは危険です。
真っ直ぐさを好む人もいるかも知れませんが、単刀直入に言われ過ぎると、憤慨したり、キレたりする人は必ずいます。

また、そこまでキツく現実を突き付けてまで、相手を傷付けるのは可哀相かなとも思います。

日本人の特徴的に、何となく感を出し、オブラートに包むように言うことがベストではないでしょうか。

具体的には

メールでも口頭でもいいですが、何度かお誘いがあるとします。
しかし、あなたはそれを拒みたい。

「用事がある」、「忙しい」など断る常套句はあるものの、それだと芸がありません。
また、「タイミングが合わないだけなのかな」と、良いふうに解釈する人も、決してすくなくはありません。

ではどうすればいいか。
返答に入れるべき要素を書いていきます。

  • 断る
    「ごめんね。その日はムリなの」

  • 主導権を握る(これ、ポイント)
    「まだ予定が分からないから、分かったら私から連絡します」

解説

自分主体に物事を運ぶことが、ここではかなり大事です。

「私から連絡」という文言を入れることにより、「あなたからは連絡しなくていいです」ということを、ナチュラルに分かってもらいます。

「また連絡くれるんだなぁ」、「待っておこうかなぁ」と思わせれば勝ち!
“空白の時間の間”、しばらく大人しくしてくれますから。

そうしているうちに、自分にそれほど本気ではなかった相手であれば、自分のことを忘れてくれます(笑)。
その後はアプローチしてこないでしょう。

しかし、自分に相当入れ上げている人であれば、「そういえば、まだ予定分からないのぉ?」などと、“お節介なリマインドメール”を送ってくる可能性もあります。

それはそのとき。
大概の場合、諦めてくれます。

  • 自分主体
  • 空白の時間

これを作ることにより、効果は抜群です。
「うーん・・・ちょっと離れたいなぁ」と思う相手と、やんわりとソフトに関わりをなくしたい方は、チャレンジしてみて下さい。

本記事は、2016年05月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る