生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 落書きから脱却するイラストの描き方(PC限定)

落書きから脱却するイラストの描き方(PC限定)

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

このライフレシピは「描いたイラストが気に入らなくてネットで公開できない」悩める方がとりあえず公開までこぎつける程度の向上をめざすものです。

グラフィックソフトを用意

人それぞれなので初心者がPCで絵を描くときに揃えておくと便利なものまとめあたりを参考に揃えましょう。
タブレットはあったほうがいいです。

Windowsのペイントは使い勝手と線のギザギザッぷりに納得できればいいですが、「味のあるイラスト」と自他共に認められないのなら、ある程度お金をかけたほうがよいかもしれません。

描く

何か見ても想像で描いてもいいです。デッサン狂いとか構図とかは描き続けるうちに勝手に悩むようになります。

最初は

  • 出来るだけ太い線で単純に描く
  • ペン入れ一回で書ける線は一回で書く(上記の場合、アタマのマルは一発書き)
  • 丸いものは滑らかに、直線は直線に見えるまでアンドゥしてでも描く
  • 線がゆがむってんなら、はみだしてもいいからおもいっきり長く描いてしまえ

という感じで、線の安定度に注視して描くとよいと思います。

ほっそいペンで1センチくらいのストロークでチマチマ描くのは効率が悪いです。結果に満足していればいいですが、あまりそういう人を見たことがありません。

直す

余計な線や問題のある線、線同士の切れなどを消しゴムツールやペンツールで修正しまくります。

自分の描いたものであれば、グラフィックツールが許す限り、コピー&ペースト左右反転拡大縮小回転レイヤー機能なんでも使いましょう。別に法律で禁止されているわけではありませんから。

そこそこ描けるような気になってきたら

どこらへんを「そこそこ描ける」にするかってのは誰かが決めるものではありませんので自分でそう思えばいいです。

好きな作家さんのような絵を描けることを目指しましょう。

トレースはダメですよ。好きなキャラじゃないですよ。好きなキャラじゃそれ描けたら終わりなので。
漫画好きな人だと絞り込むのはなかなか難しいですが、とりあえず

この人と同じ絵が描けたら明日死んでもいい

くらいで充分です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100505143823
  • 20100505145231

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る